突如起こったコロナ禍が、社会やビジネスを取り巻く状況を大きく変えた2020年。危機を乗り越えるための武器として、様々なデジタル技術がその役割を大きく拡大した1年でもあった。一方、この状況に対応する過程で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進展させた企業も少なくない。目の前の危機を回避するとともに、経営戦略を加速するクラウド基盤やデジタル推進組織を確立し、そこからこれまでにないビジネス価値を創出する。これは、まさに経済産業省が「DXレポート」で指摘した「2025年の崖」を乗り越えるために必要な環境であり、今の日本企業に求められるものにほかならないだろう。過去の常識が通用しない“ニューノーマル時代”には、ここまで後れを取った企業であっても、等しくトップランナーになれる可能性を持っている。「崖」を乗り越え、その先の世界で勝つ企業になるには何が必要なのか――。その指針や方法論を共有する場として、日経BPは今年も本セミナーを開催。ここでは、完全オンラインで行われた当日の模様を概括する。突如起こったコロナ禍が、社会やビジネスを取り巻く状況を大きく変えた2020年。危機を乗り越えるための武器として、様々なデジタル技術がその役割を大きく拡大した1年でもあった。一方、この状況に対応する過程で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進展させた企業も少なくない。目の前の危機を回避するとともに、経営戦略を加速するクラウド基盤やデジタル推進組織を確立し、そこからこれまでにないビジネス価値を創出する。これは、まさに経済産業省が「DXレポート」で指摘した「2025年の崖」を乗り越えるために必要な環境であり、今の日本企業に求められるものにほかならないだろう。過去の常識が通用しない“ニューノーマル時代”には、ここまで後れを取った企業であっても、等しくトップランナーになれる可能性を持っている。「崖」を乗り越え、その先の世界で勝つ企業になるには何が必要なのか――。その指針や方法論を共有する場として、日経BPは今年も本セミナーを開催。ここでは、完全オンラインで行われた当日の模様を概括する。

突如起こったコロナ禍が、社会やビジネスを取り巻く状況を大きく変えた2020年。危機を乗り越えるための武器として、 様々なデジタル技術がその役割を大きく拡大した1年でもあった。
一方、この状況に対応する過程で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進展させた企業も少なくない。目の前の危機を回避するとともに、経営戦略を加速するクラウド基盤やデジタル推進組織を確立し、そこからこれまでにないビジネス価値を創出する。これは、まさに経済産業省が「DXレポート」で指摘した「2025年の崖」を乗り越えるために必要な環境であり、今の日本企業に求められるものにほかならないだろう。
過去の常識が通用しない“ニューノーマル時代”には、ここまで後れを取った企業であっても、等しくトップランナーになれる可能性を持っている。「崖」を乗り越え、その先の世界で勝つ企業になるには何が必要なのか――。その指針や方法論を共有する場として、日経BPは今年も本セミナーを開催。ここでは、完全オンラインで行われた当日の模様を概括する。

基調講演:経済産業省

コロナ禍でDX推進施策は第2幕へ
早期変革を促すためのアクションを展開

基調講演:三菱ケミカル

人による創造性の発揮を本質とするDX戦略

特別講演:花王

戦略を考えるのは未来を描いてから

主催者講演:ISENSE

組織全体のビジョン共有がDXを成功に導く

特別講演:ソニー銀行

時代は「クラウドオンリー」のフェーズへ