テレワークの推進ひいては「2025年の崖」問題への対応の足枷の1つとなっているのが、紙とハンコによるアナログな業務が多い会計・財務領域だ。マネーフォワードは、自らの課題解決に向けて自社のクラウドソリューションを利用した業務改革を断行し、短期間のうちに多大な成果をみた。併せてリモートおよびオフィス双方の業務環境をより快適にする取り組みにより、組織全体のDXを加速させようとしている。

2020年12月、経済産業省は『DXレポート2(中間取りまとめ)』を発表した。そこで指摘されたのが、「DXの取り組みを始めている企業」と「何も取り組めていない企業」の差の拡大である。グローバルに広がる市場で競争力を維持・強化するには、先進のデジタル技術を取り込んだ新たなビジネスモデルを確立することが欠かせない。いち早くこれに挑み、成果につなげる企業と、後手に回る企業との差は今この瞬間も開きつつある。
レガシーな基幹系システムや業務プロセスの解消、組織体制の見直し、テクノロジーに通じた人材の育成など、日本企業が進めるべき施策は多数ある。そこで日経BPは、そのための知見を結集した場として本セミナーを開催。経済産業省をはじめとする有識者やコンサルタント、エンドユーザー企業、ITベンダーが、それぞれの視点からDX推進に向けた提言を行った。ここでは当日の模様をレポートする。

概要:DX Insight「2025年の崖」の克服とDX加速

主催:日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ、日経ビジネス電子版、日経クロステック

オープニングセッション先行事例に学ぶDX成功のカギ3つ

基調講演:伊藤忠商事日本流の内製化による「商人のDX」とは

スペシャルセッション:早稲田大学 ビジネススクール経営者は「主観的可能領域」を広げよ

スペシャルセッション:早稲田大学 ビジネススクール経営者は「主観的可能領域」を広げよ

特別講演:フジテック実効力あるDXを加速させるために
企業が2020年代に取り組むべきこと

基調講演:ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIEの成長を支える経営のデジタル化戦略

特別対談:「2025年の崖」問題をぶっ飛ばせ!DXが進まない要因、IT部門に期待する役割とは