デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する中、システム化の領域が拡大している。そこで重要度が高まっているのが運用サービスだ。しかし、既存の運用サービスの多くは旧態依然の手法を踏襲しており、最新のビジネス環境にフィットしたものになっていないという。フィックスポイントは、こうした運用の問題を解決することで、企業に選ばれるモダンな運用体制の構築方法を提案している。デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する中、システム化の領域が拡大している。そこで重要度が高まっているのが運用サービスだ。しかし、既存の運用サービスの多くは旧態依然の手法を踏襲しており、最新のビジネス環境にフィットしたものになっていないという。フィックスポイントは、こうした運用の問題を解決することで、企業に選ばれるモダンな運用体制の構築方法を提案している。

デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する中、システム化の領域が拡大している。そこで重要度が高まっているのが運用サービスだ。しかし、既存の運用サービスの多くは旧態依然の手法を踏襲しており、最新のビジネス環境にフィットしたものになっていないという。フィックスポイントは、こうした運用の問題を解決することで、企業に選ばれるモダンな運用体制の構築方法を提案している。

企業がDXを推進するには
運用サービスの進化が不可欠

上流から運用技術者が参加し
運用サイドの要件を織り込む

年7500時間の運用工数削減、
顧客サービスを強化した例も