多くのSAPユーザーが現行のSAP ERP(ECC6.0)からSAP S/4HANAへのマイグレーションを検討している。移行プロジェクトにおいて注意が必要なのが、長期間に及びコストが膨らんでいくという問題だ。本来、企業が重視すべきはSAPマイグレーションの先のDXプロジェクト。ここで足踏みをしているわけにはいかないからだ。そこでFPTは、この問題を解消するためのサービス「FPT SAP S/4HANA Migration Service」の提供を開始した。同社独自のメソドロジーなども含めて、このサービスの特徴を紹介する。多くのSAPユーザーが現行のSAP ERP(ECC6.0)からSAP S/4HANAへのマイグレーションを検討している。移行プロジェクトにおいて注意が必要なのが、長期間に及びコストが膨らんでいくという問題だ。本来、企業が重視すべきはSAPマイグレーションの先のDXプロジェクト。ここで足踏みをしているわけにはいかないからだ。そこでFPTは、この問題を解消するためのサービス「FPT SAP S/4HANA Migration Service」の提供を開始した。同社独自のメソドロジーなども含めて、このサービスの特徴を紹介する。

多くのSAPユーザーが現行のSAP ERP(ECC6.0)からSAP S/4HANAへのマイグレーションを検討している。移行プロジェクトにおいて注意が必要なのが、長期間に及びコストが膨らんでいくという問題だ。本来、企業が重視すべきはSAPマイグレーションの先のDXプロジェクト。ここで足踏みをしているわけにはいかないからだ。そこでFPTは、この問題を解消するためのサービス「FPT SAP S/4HANA Migration Service」の提供を開始した。同社独自のメソドロジーなども含めて、このサービスの特徴を紹介する。

コロナ禍でも欠かせない
3つの取り組み

DXを支えるメソドロジー
「Digital Kaizen」

時間とコストに関する課題を解消
SAP S/4HANA Migration Service