多くの企業が否応なしにテレワークに取り組んだように、コロナ禍は企業に改めてITの重要性を認識させる機会となった。実際、危機的状況にありながら、企業のDXに向けた取り組みは加速している。富士通は、システムのクラウド化のためのハイブリッド環境構築サービスや柔軟な働き方ニーズに応えるテレワークソリューションで、その取り組みをサポート。同時に人の移動を最小にしたインフラ構築サービスの確立を目指すなど、ニューノーマルに向けた挑戦を行っている。多くの企業が否応なしにテレワークに取り組んだように、コロナ禍は企業に改めてITの重要性を認識させる機会となった。実際、危機的状況にありながら、企業のDXに向けた取り組みは加速している。富士通は、システムのクラウド化のためのハイブリッド環境構築サービスや柔軟な働き方ニーズに応えるテレワークソリューションで、その取り組みをサポート。同時に人の移動を最小にしたインフラ構築サービスの確立を目指すなど、ニューノーマルに向けた挑戦を行っている。

多くの企業が否応なしにテレワークに取り組んだように、コロナ禍は企業に改めてITの重要性を認識させる機会となった。実際、危機的状況にありながら、企業のDXに向けた取り組みは加速している。富士通は、システムのクラウド化のためのハイブリッド環境構築サービスや柔軟な働き方ニーズに応えるテレワークソリューションで、その取り組みをサポート。同時に人の移動を最小にしたインフラ構築サービスの確立を目指すなど、ニューノーマルに向けた挑戦を行っている。

顧客の要件に応じて
最適なハイブリッド環境を実現

VDIを中心とする
テレワークソリューション

接触と人の移動を最小に抑えた
インフラ構築作業に挑戦