日経ビジネス電子版 SPECIAL
物流・ロジスティクス チャンネル 物流事例 04

物流施設の新キーワードは“共創”

ハードとソフトの両面から
生まれる付加価値で
顧客の困りごと解決に貢献

日本GLP
営業開発本部 営業開発部 部長
成瀬 亮

日本GLP
営業開発本部 営業開発部 部長
小鷲 博之

日本GLP
営業開発本部
営業開発部部長
成瀬 亮

日本GLP
営業開発本部
営業開発部部長
小鷲 博之

物流が単に荷物を保管し、配送するだけだった時代は過去のものだ。先進的なテクノロジーにより物流施設も進化し、物流戦略は顧客のビジネスを発展させる大きな要因となっている。物流施設に特化したデベロッパーの取り組みから、これからの物流のあるべき姿を探る。

物流が単に荷物を保管し、配送するだけだった時代は過去のものだ。先進的なテクノロジーにより物流施設も進化し、物流戦略は顧客のビジネスを発展させる大きな要因となっている。物流施設に特化したデベロッパーの取り組みから、これからの物流のあるべき姿を探る。

物流センターは
ここ20年で大きく進化

物流施設が単なる保管倉庫から脱却し、時代の要請に従って先進的な機能を持ち、様々な付加価値を有した物流センターに進化したのは、2000年代に入って以降のことだ。

この間、物流施設ではスペックが向上して汎用性が高まったり、免震構造や防災対策で事業継続性が改善したり、IT化やロボット導入によりオートメーション化が進み業務が効率化したりといった歩みがあった。

2009年に、物流施設に特化した不動産デベロッパーとして創業した日本GLPは、こうした業界トレンドに呼応するように、最先端の物流センターを開設してきた。

「少子高齢化という社会課題の中でビジネスを拡大するには、人手不足への対策が不可欠となっています。当社は、魅力的な共用施設でテナント企業様の人材確保に貢献したり、工場や冷蔵機能を追加してマルチ用途に対応したりと、幅広いアプローチでテナント企業様の物流を支援しています」と語るのは、日本GLP 営業開発本部 営業開発部部長の成瀬亮氏だ。

こうした取り組みが支持され、日本GLPの事業展開は、物流施設物件数が北海道から沖縄まで約130件、入居テナント数が約200社を数える。稼働率は100%で、継続利用意向も98%と高水準だ。

テナント企業はすべて
ビジネスパートナー

「物流業界の応援団」を目指す日本GLPがこれからの物流施設として考えるのは、コストセンターではなくプロフィットセンターとしての役割だ。そして、物流施設がプロフィットセンターとしての役割を担うための起爆剤として同社が掲げるのが、「共創のコミュニティ」の形成である。その狙いとして、成瀬氏は「新たなビジネスの獲得」「売り上げ拡大・収益向上」「戦略的なパートナーの開拓」の3つを挙げる。

「新たなビジネスを生み、収益を向上させ、パートナーを獲得できる物流施設となるため、当社ではハードとソフトの双方の面でテナント企業様を支援しています。ハード面は、当社物流施設の新ブランド『ALFALINK』。そしてソフト面は、テナント企業様やパートナー企業様のマッチングを行うプラットフォーム『GLPコンシェルジュ』です」(成瀬氏)

ハード・ソフト双方から支援する「共創のコミュニティ」形成

物流施設の新ブランド「ALFALINK」とテナントのマッチングサービス「GLPコンシェルジュ」により、企業のビジネスを高め合う。ハードとソフトの両面を備えた物流施設を日本GLPは「共創のコミュニティ」と位置付けている

ALFALINKは、ターミナル機能を併設した物流施設であり、ラストワンマイルや幹線輸送を担う大手輸送会社が入居する。輸送会社からすれば、荷物が集まる場所に入居することでビジネスの発展が見込め、その他の入居企業にとってはスピーディーな輸送が実現するため、Win-Winな関係となる。

GLPコンシェルジュは、テナント企業の困りごとに対して、ソリューションが提供できるテナント企業やパ-トナー企業を引き合わせることで、課題解決のサポートをする無料マッチングサービスだ。同サービスは21年春に本格スタートした。

同社 営業開発本部 営業開発部部長の小鷲博之氏は、日本GLPのコミュニティに加わることによって生まれた様々な共創、ビジネスの高め合い事例について語った。

「2000坪のご契約を頂いた企業様で1600坪分に当たる失注があってご相談いただいた際、当社からのご紹介で3社と契約し満床になったという事例もあります。当社とお取引のある企業様はすべてビジネスパートナーだと思っています。お気軽にお声掛けください」

入居テナント同士に生まれるシナジー効果。日本GLPの「共創のコミュニティ」は「ALFALINK」シリーズとして全国で展開予定だ。これからの物流施設のあり方として、その動向に注目したい。

成瀬亮氏/小鷲博之氏の
講演動画はこちら ▼

ロゴ

日本GLP株式会社

https://www.glp.com/jp/

TOP