第3次AIブームといわれ、ディープラーニングをはじめとするAIに関心を寄せる企業は多い。だが、AIを業務で活用するには大量の学習データが必要になるなど、様々な課題が指摘されている。こうした中、企業や研究機関などで注目されているのが、京都のAIベンチャーHACARUS(ハカルス)のソリューションだ。少量の学習データでAI活用が可能で、高い解釈性を実現したスパースモデリングをベースに、「ビジネスで使えるAI」を提案。既に産業分野や医療分野などで導入が進んでいる。

第3次AIブームといわれ、ディープラーニングをはじめとするAIに関心を寄せる企業は多い。だが、AIを業務で活用するには大量の学習データが必要になるなど、様々な課題が指摘されている。こうした中、企業や研究機関などで注目されているのが、京都のAIベンチャーHACARUS(ハカルス)のソリューションだ。少量の学習データでAI活用が可能で、高い解釈性を実現したスパースモデリングをベースに、「ビジネスで使えるAI」を提案。既に産業分野や医療分野などで導入が進んでいる。

AI導入成功の秘訣は
まずは小さく始めること

少量データでAIを活用できる
スパースモデリング

外観検査や医療診断などで
広がるAIソリューション

関連リンク

お問い合わせ

株式会社HACARUS
〒604-8151 京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町227 第12長谷ビル5階A室
E-mail:inquiry@hacarus.com
URL:https://hacarus.com/ja/