人事・組織課題を解決するHRソリューション

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が定着しつつある一方、デジタル化の遅れが目立つ業務領域もある。その1つが人事だろう。様々な紙の書類の処理、Excelベースのプロセスが多く残されたまま、人事業務のシステム化が進んでいない企業も多いのではないか。日々のオペレーション業務で手いっぱい、という人事担当者も少なくないだろう。これでは、人事の戦略・企画といった本来の中核業務に時間を割く余裕はなくなってしまう。

イノベーションの創出やビジネスの成長に向けて、大きなカギを握っているのが人材だ。旧態依然とした人事業務を変革しなければならない。今や、人事においてもDXが求められる時代なのだ。

例えば、多様なデータを収集・分析することで、従来の評価制度や採用、育成などの手法を改善、場合によっては変革するためのエビデンスやヒントが得られる。

非効率な人事業務を見直して効率化・自動化することで、人事部門を戦略策定などの中核業務にフォーカスさせる。

さらには、人事DXによって社員の働き方などの状況を可視化し、人材のパワーを最大化するとともに適材適所を目指す。こうした取り組みを加速する先進企業も増え始めている。

「戦略人事」への関心の高まりとともに、マネジメントの人事部門への期待も高まっている。

「戦略人事」を後押しする
最新HRソリューション

近年のデジタル技術の発展により、人事システムは大きく進化している。機能拡充やユーザビリティの向上によって、人事担当者にできることも増えた。ここでは、各社の最新ソリューションを紹介する。

ページトップへ