トップに訊く

ネットゼロカーボン社会の実現に向けて5つの事業を柱に力強く推進

株式会社INPEX ※2021年4月1日付で国際石油開発帝石株式会社から社名を変更 代表取締役社長 上田 隆之氏

1956年生まれ。東京大学法学部卒、米国ワシントン州立大学法律学修士。80年通商産業省(現経済産業省)入省。大臣官房長、資源エネルギー庁長官などを歴任し、2016年退官。17年国際石油開発帝石株式会社非常勤特別参与、副社長執行役員を経て、18年より現職。

カーボンニュートラルに
向けて新たな事業を展開

国際石油開発と帝国石油の経営統合により2008年に誕生した国際石油開発帝石は、これまで国内外での石油・天然ガスの探鉱開発事業をメインに行ってきた。その一方で気候変動対応が世界的な注目を集める中、同社は今年1月に『今後の事業展開~2050ネットゼロカーボン社会に向けて~』を策定。新たな事業への取り組みを発表した。

「石油・天然ガス開発事業は環境と直結する部分も多く、弊社ではパリ協定目標の実現に向けて脱炭素や低炭素化を意識した事業展開と、継続的なCSR活動を続けてきました。今般、昨年の日本政府による2050年カーボンニュートラル宣言も踏まえ、新たな事業戦略を策定しました」と同社代表取締役社長の上田隆之氏は語る。

図:Energy TransformationのPioneerへ。上流事業のCO2低減(CCUS推進)、水素事業の展開、森林保全の推進、カーボンリサイクルの推進と新分野事業の開拓、再生可能エネルギーの強化と重点化

2050ネットゼロカーボン社会の実現に向けたこの5つの事業の取り組みに対して、同社では中期的に年間200億〜300億円程度の投資を行っていくという。

本業で培ってきた
知見と経験を生かす

新たな事業展開では、2050年のCO2の絶対的排出量ゼロを1つの目標として定め、その実現に向けて同社がこれまで国内外で培ってきた事業面、技術面での知見や経験といった強みを、最大限に生かすという。

「弊社の社会的責任は、日本を含めた全世界に対してエネルギーを安定供給することと、気候変動対応について責任ある対応を取ることです。それに向けた取り組みとして、5つの事業の柱を強力に推進していきます」(上田氏)

5つの柱の1つ目が「上流事業のCO2低減とCCUS(※)推進」だ。これは石油・天然ガス生産事業によるCO2を削減するだけでなく、生産に随伴するCO2を再度地下に圧入・貯留することで、上流事業で発生するCO2を減らすのが狙い。2つ目の柱が、次世代エネルギーとして注目される「水素事業の展開」だ。天然ガスを水素とCO2に分離し、CO2をCCS(※)やCCUS技術を使って地中に埋めることでカーボンフリーな「ブルー水素」を製造する。同社では、新潟県柏崎市にある既存の天然ガス生産インフラを使った水素発電事業を含めた一気通貫の実証プロジェクトも計画している。

3つ目の柱である「再生可能エネルギーの取組強化と重点化」では、同社の石油・天然ガス開発での技術の多くを応用できる地熱発電と洋上風力発電事業への取り組みを強化する。4つ目の「カーボンリサイクルの展開と新分野事業の開拓」では、CO2と水素を触媒にかけることで都市ガスの主成分であるメタンを合成する、メタネーション事業を加速化。新潟県南長岡のプラントでは、実証実験が進んでいる。そして最後の柱である「森林保全によるCO2吸収の推進」では、森林保全事業を支援することで気候変動への対応や生物多様性の維持に積極的に貢献する。まずは、5年間で500万トンのCO2クレジットを契約した。これを活用しカーボンフリーLNGを販売していく。

写真:インドネシアのサルーラで地熱発電プロジェクト

世界最大規模といわれるインドネシアのサルーラで地熱発電プロジェクトに参加しているほか、秋田と北海道では井戸を試掘し蒸気を取り出す実証試験を行っている。

新たな社名と体制で
全社一体となって推進

「21年4月からは社名をINPEXに変更し、グローバルブランドとしてグループ一体で事業に取り組みます。今回発表した5つの柱が新たな事業として動き出すには、もう少し時間がかかります。石油・天然ガスという基盤事業と新規事業を共に推進しながら、これからのエネルギーの転換期に責任を持って対応していきます」と上田氏は語る。

※CCUS=Carbon dioxide Capture Utilization and Storage CO2回収・有効利用・貯留技術

※CCS=Carbon dioxide Capture and Storage CO2回収・貯留技術

ロゴ:国際石油開発帝石株式会社(INPEX)

株式会社INPEX
(※2021年4月1日付で国際石油開発帝石株式会社から社名を変更)

〒107-6332 東京都港区赤坂5丁目3番1号 赤坂Bizタワー

https://www.inpex.co.jp/

TO TOP