日経ビジネスLIVE

次世代のシステム部門リーダーが語る現場から見たDXの課題とチャンス “変革の輪”を全社に広げる若手リーダーの取り組み

現場から広げる
荏原製作所のシステム活用

写真:花王株式会社 情報システム部門 ESM部ICTグループ 國友 翔次氏

花王株式会社
情報システム部門 ESM部ICTグループ

國友 翔次

戸川:西村さんは、営業改革の手段として、事業部にSalesforceの全社展開を進めているということですが、どんな点に力を入れておられますか。

西村:弊社はもともとSalesforceを事業部ごとに導入している経緯もあり、そこを本社の情報システム部門として取り纏め、組織横断の横串でシステムを使用していくことを進めております。ただシステムを導入すればいいというわけではなく、それを事業部門の方々に活用してもらえなければ意味がありません。そこで、なるべく事業部門のミーティングに一人で参加して、「システム部門としてどういった支援ができるのか」をアピールしていく中で、「Salesforceを使えば何ができるのか?」ということやシステムのデモを行うなど積極的に説明しました。まずはユーザーの方々との関係性をしっかりと構築し、「システムのことなら、西村に聞けばいい」と言ってもらえるようになることが先決だと思ったのです。

荏原製作所は、Salesforceの全社展開にあたって、内製化を基本方針として掲げています。私が担当したプロジェクトでは、自らが要件を聞き、設計を行い、実装をしてきたことで、要望へのスピード感に加え、自身の説明にも説得力が増し、その結果、事業部門の方々の信頼を高めることに結び付いていると思います。

戸川:内製化は今、DXを推進する企業のキーワードになっていますよね。とはいえ内製化を実現するには、相当に勉強する必要がありますよね。

写真:株式会社荏原製作所 情報通信統括部 バリューチェーンシステム部 CRMシステム課 西村 顕氏

株式会社荏原製作所
情報通信統括部
バリューチェーンシステム部
CRMシステム課

西村 顕

西村:はい。私はSalesforceが提供するeラーニングで勉強しました。

鈴木:eラーニングの使い方と、いろいろな角度から考えるということが必要だと思います。私がインテルに来て驚いたのは、ITを生業としている会社にもかかわらず、新しいことを学ぶときには積極的にeラーニングを活用している点です。ITが本業ではない会社がDXに取り組むのなら、なおさらeラーニングを活用すべきではないでしょうか。

西村:これからも技術面だけでなく、活用面も含めて事業部門の方々とコミュニケーションを重ねていく必要があると考えています。きっかけはシステム部門でも良いと思いますが、そこから事業部門の主体的な取り組みにつなげたいと考えています。まだ、一人称で考える人が少ないと感じるので、全員で連携してやっていくマインドセットが重要になると思っています。

鈴木:事業部門側がこのシステムのオーナーになっているというオーナーシップ感が大事です。それが自然になっていけば、本格的にシステムは動きます。