トップに訊く

リアルとオンラインの二刀流。ポストコロナのリモートビジネスが多様な働き方を加速する

代表取締役社長 兼 CEO 林垣 恵太氏

会員制リゾートクラブ運営会社の営業担当を経て、1999年独立。会員制旅行クラブや宿泊予約サイト、飲食業などの事業を展開。2014年に提供を開始した「かんざしクラウド」を皮切りに、「かんざし」シリーズを発表、16年に新会社かんざしを設立。21年に「どこでもSHOWBY」をリリースした。

宿泊業の課題を解決する
かんざしクラウドの実力

会員制リゾートクラブの営業の仕事に11年間携わった後、1999年にネットで全国の旅館・ホテルを予約できる宿泊予約サイトの運営会社を設立し、2016年にかんざしを立ち上げたのが、林垣恵太代表取締役社長 兼 CEOだ。同社は業界に先駆けて、宿泊施設向けに宿泊プランの作成や更新、延長などを一括管理する「かんざしクラウド」というツールを開発。複数の予約サイトに載せる情報を、クラウド上で一括管理できるというサービスが評価され、そのシェアを拡大し続けている。

「予約サイトに情報は載せたいが、管理する負担が大きいという現場の声をヒントに生まれたのが、かんざしクラウドです。業界外のシステム屋が突然やって来てひらめきで作ったわけではなく、この業界で長くやってきた我々だから日夜感じていた課題を、どうすれば解決できるのか考え抜いて開発しました」

すべての予約サイトをかんざしのように“ひと刺し”するこのサービスは、宿泊施設の担当者の業務負担を大幅に軽減するだけでなく、宿泊予約サイトの活性化にも寄与。現在ではかんざしクラウドの他に、かんざしシリーズとして顧客の声を基に開発した5つのサービスを展開している。

失敗体験から生まれた
オンライン商談ツール

21年1月、同社はかんざしクラウドなどの業務効率化ツールで培ったノウハウを活かして、オンライン商談ツール「どこでもSHOWBY(ショーバイ)」の提供を開始した。いわゆる会議系のツールよりも、商談や面談、接客などに特化した機能を多く備えているのが特徴。アプリのインストールや事前のURLの送付も不要で、接続も実に簡単。様々な業種での活用が見込めるということで、サービス開始以来多方面から注目を集めている。

実はこのサービスは同社自身の営業DXの失敗がきっかけで生まれたという。

「我々は北海道から沖縄まで日本全国の旅館を訪ねるので、非常に経費がかかっていました。そこでオンラインで商談できるツールを導入したのですが、その操作性と現場のストレスもあり定着せず、当社の営業DXはわずか半年で頓挫。さらにコロナ禍によって出張自体ができなくなってしまった。それならば、自らが体験した課題をクリアさせて『私が率先して使える』ツールを開発しよう! そして当社のようにDXで失敗や苦戦をしている方々にも広く提供しようという結論に至りました」

ずっと使える無料版も
満を持してリリース

自分たちの失敗体験によって得られた課題を社内で共有し、それを学びへとつなげて説得力のあるサービスを創り出す。この開発の考え方はかんざしクラウドから続くもので、それがユーザーから支持されることは実証済みだ。こうして“かゆいところに手が届く”独自の機能を搭載した「どこでもSHOWBY」は、リモートビジネスの新たな形を切り開くツールとして、毎月のように新たな機能を追加しながら進化を続けている。

「今のところBtoCの利用が7割、BtoBが3割という状況ですが、導入企業の業務内容に合わせて機能を選んでカスタマイズできるので、活用の裾野はとても広いと考えています」

通常版は1ユーザー月額1980円という低料金で提供されているが、同社ではDX導入時のコストや定着までの時間といった障壁をさらに低くするために21年6月に無料版もリリースした。無料版とは良い意味「名ばかり」でビジネスに必要な機能をしっかり搭載。お試し版ではないことを強調したい。

「どんなにリモートワークが推奨されても、営業は人と会わなければ仕事にならないと考えがちですが、それは営業職が『使える! 』と思えるツールがなかったから。時代に必要なのはリアルとオンラインの二刀流という発想と、その刀たるツール。コロナ禍で進み始めた働き方の多様化とDXはますます加速するはずです。私の失敗とその克服から生まれたこのツールを、皆様のDXに活用していただければうれしいですね」

イメージ:クラウド商談どこでもSHOWBY

1対1に特化。名刺交換、スクリーンショット機能などリモートビジネスに必要な機能を20種以上搭載した渾身の新サービス「クラウド商談どこでもSHOWBY」

ロゴ:SHOWBY
さらに詳しい情報はこちらから >>
ロゴ:株式会社かんざし

株式会社かんざし

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-6 丸元ビル3F

https://www.kanxashi.co.jp/

TO TOP