三浦工業

「水」が起点の省エネ&トータルソリューション
貫流ボイラーのパイオニアが挑む
工場設備全体の
エネルギー効率改善策

産業設備の様々な機器から、エネルギーロスや排水が出されている。それらを資源として再利用すれば、大幅な省エネと脱炭素化、低コスト化を実現できる。貫流ボイラーで国内シェア6割を誇り、その熱効率を98%にまで高めてきた三浦工業が、水とエネルギーの常識を変えるソリューションの提供を開始した。

貫流ボイラーのシェア約6割を
誇るミウラが水を変革

クリーニング、食品加工、滅菌洗浄など、ボイラーは産業活動のあらゆる場面で不可欠なエネルギー源だ。三浦工業は、従来のボイラーより圧倒的に熱効率が高い「貫流ボイラー」をいち早く世に出した。貫流ボイラーはボイラーの市場を塗り替え、2019年には蒸気ボイラー市場の約8割を占めるまでに成長した。その約6割が、三浦工業の製品だ。(2019年3月三浦工業調べ)

三浦工業株式会社
熱利用技術ブロック ブロック長
山本 英貴 氏

三浦工業では、自社ボイラーが出しているCO₂は、年間約3000万トン。これは日本全体が排出するCO₂の約3%、産業界に限れば約10%に相当すると算出しており、同社にとって、脱炭素化と省エネは重要なテーマだ。

同社は技術開発によって貫流ボイラーの熱効率を改善し、98%にまで高めてきた。しかしそれ以上に効率を高めようとすると、経済性が大きく損なわれる。

そこで、同社は開発の視野を広げ、ボイラー単体ではなくボイラーを含む工場設備全体のエネルギー効率を改善する戦略に出た。それが、三浦工業が掲げる「トータルソリューション」だ。

三浦工業の「トータルソリューション」の一例純水をはじめとする機能水から、排水リユースまで様々な水処理機器を提供し、省エネや脱炭素化を大きく推進する

熱利用技術ブロック長の山本英貴氏は、「産業設備の様々な機器から、エネルギーロスや排水が出されています。それらを資源として再利用することで、大幅な省エネや省資源化、省水化が可能になります」と語る。

同社はその核心を支える仕組みとして、「トータルソリューション」の提供を強化している「機能水や純水の低コスト製造」「排水からの高効率な熱回収」「IoTによるエネルギーロスの監視」の3つの機能を備え、設備全体のエネルギー効率を飛躍的に向上させる。貫流ボイラーの開発で培ってきたエネルギー活用と水処理、保守管理のノウハウを統合し、企業のSDGsへの取り組みにも大きく貢献する。

製品のベストミックスで
造水の効率化と排水の再利用を
同時に実現

例えば、設備で使われる純水を低コストで製造し、安定的に供給する「MRO-C」、設備内で発生する低温廃水から熱を回収、再利用して廃熱を抑制する「VH」、クラウド経由で機器をモニターし、エネルギーロスと異常を可視化する「MEIS CLOUD®」(メイスクラウド)。これらを企業のニーズや環境に合わせて最適に組み合わせ、省エネや脱炭素化を加速する。

三浦工業株式会社
アクア技術ブロック ブロック長
野上 康雄 氏

RO装置「MRO-C」は、逆浸透膜に一定の圧力をかけて水を通し、様々な純度の機能水を作る。それに電気脱イオン処理(EDI)を組み合わせ、高純度な純水を低コストで安定供給できる。独自のセンシング技術とコントロール技術を最大限に有効活用し、排水を大きく削減した。アクア技術ブロック長の野上康雄氏は、「旧製品『MRO-B』は1世代前の製品に比べて造水コスト21%削減でしたが、今回の『MRO-C』は35%削減しています」と胸を張る。

ヒートポンプ「VH」は、低温廃水の熱を効果的に再利用する。レトルト食品や缶飲料などの製造工程では、ボイラーで作った約130度の蒸気で加熱殺菌している。その後、製品の冷却に使用した冷水が50~60度の温水となって排出される。従来は、この“ぬるいお湯”から熱をうまく取り出すことができなかった。

そこで、三浦工業は従来のヒートポンプに独自の熱交換器を2基追加し、この“ぬるいお湯”から2段階で熱を取り出す仕組みを考案。ボイラーへの給水に再利用し、一般的なヒートポンプの2倍を超える熱効率を実現した。10度という低温の廃水からでも熱を回収でき、最大75度の熱水を作り出す。

IoTとクラウドで設備全体の
エネルギー使用状況を可視化

「MEIS CLOUD」は、IoTを活用して設備内のあらゆる装置のエネルギー使用状況を可視化する。従来もPCベースの監視システムは提供してきたが、「MEIS CLOUD」はクラウドにデータを集約し、時間や場所、デバイスを問わずにデータを活用できる利点がある。

「装置ごとの効率を高めるだけでは、省エネや脱炭素を極めることはできません。運用面を含む全体としての効率を考える必要があります。工場全体のエネルギーの使用状況を可視化し、無駄を発見して対処できる仕組みが不可欠です」(山本氏)

「MEIS CLOUD」は、データの収集と分析にクラウドを活用することで、低コストかつ効率的な監視を可能にする。すでに稼働している従来製品にIoT機能を追加し、監視対象に含めることも可能だ。

三浦工業の強みは開発力だけでなく、現場で実施してきたメンテナンスサービスの実績とノウハウにもある。「お客様とリアルなつながりを生かし、データに基づく確実な予防保全を実現します」(野上氏)。水や熱まわりの管理を丸ごと同社にアウトソーシングし、自社の従業員を本業に集中させるようなユーザー企業も増えているという。

また、山本氏は「自社製品だけで、お客様のあらゆるニーズに応えられるとは考えていません。脱炭素への機運が高まる中で、今後、他社とのアライアンスが重要になってくると思います」と述べる。パートナー企業との連携を模索しながら、ユーザーや社会の大きなニーズと期待に応えていきたいという。

三浦工業株式会社[ブランド企画室]

URL:https://www.miuraz.co.jp/ E-mail:info_miuraz@miuraz.co.jp

TEL:089-979-7019

Contents