日経ビジネス電子版Special

NEC会長が提言 DXで価値創造の最大化を次世代を開く企業であり続けるために

ICT(情報通信技術)の進化に伴い、価値創造のプロセスが変わりつつある。日本政府が提唱する「Society 5.0」に向け、より多様かつ大量のデータを価値の源泉とし、社会課題の解決に生かすアプローチが求められているのだ。今までの“局所最適”の限界を超え、“全体最適”の社会価値を創造していくことが企業の成長機会を広げることにもつながるという。