トップに訊く

ドイツと日本をルーツにラグジュアリーの神髄を熟知し、限りないエクセレンスを求め続ける

ニコル・グループ 代表職務執行者社長 ミヒャエル・ヴィット氏

アクセンチュアでビジネスマンを経た後、BMW AGに入社。同社でセールスマーケティングのインハウスコンサルティングを担当。2012年、BMWジャパン、その後BMWオーストラリアへ赴任した後、18年6月よりニコル・グループにてゼネラルマネージャーを務める。21年10月より現職。

パフォーマンスを追求した
創業者が作ったディーラー

ニコル・グループは、日本のレースシーンで活躍したドイツ人実業家であり現会長のC.H.ニコ・ローレケが1977年に創業した企業です。祖業は、モーター・スポーツ部品の輸入販売でした。その後、82年には、BMW公認のコンプリートカーを製造する自動車メーカー「アルピナ」の日本総代理店となり、現在では神奈川県を中心に展開し、複数のプレミアムブランドを取り扱うディーラーへと成長しました。そして、2021年10月には世界各地で輸送関連サービスや自動車ディーラーを展開する「ペンスキー・オートモーティブ・グループ」の子会社となり、今まで以上に魅力的なエクセレンスを提供することを目指しています。

ニコル・グループの特徴であり強みは、アルピナをはじめ、BMW、MINI、フェラーリ、ロールス・ロイスなど、複数のプレミアムなポートフォリオを所有していることです。当社のチームメンバーは全員、ラグジュアリーブランドが持つ価値の神髄を理解しており、そういったブランドの深い理解とリスペクトの精神は、お客様のベネフィットにもつながります。ニコル・グループのお客様には、複数のプレミアム車を所有したり、別ブランドへと乗り継いだりする方も多くいらっしゃいます。そのような場合でもグループ内で切れ目のないスムーズなサービスを提供することが可能です。これは、複数のポートフォリオを所有する我々だからこそ提供できるオリジナルなサービスの一つです。ぜひ一度、我々がもたらすこの違いについて、体験いただければと思います。

お客様に満足いただくため
チームの満足度が大切

ニコル・グループは創業以来、お客様にプレミアムブランドの輸入車にふさわしい購入体験や期待以上の感動を提供することを常に心がけてきました。この考え方は、最初のアルピナを輸入したときから今日まで連綿と受け継がれています。創業当初から、ニコル・グループがお客様の満足度と同じように大切にしているのがチームメンバーの満足度です。クルマ好きの仲間が価値観を共有し、仕事に満足し、誇りを持って働くからこそ、お客様に感動を届けられると信じています。ニコル・グループが培ったこれらの価値観を共にするペンスキー・オートモーティブ・グループの一員になったことは、今後の成長にプラスになります。我々は元々、日本とドイツのDNAを併せ持つインターナショナルな企業でしたが、グローバルカンパニーの下で、さらなる飛躍を遂げたいと考えています。

写真:BMW iX xDrive50

同社の誇るポートフォリオの一つである、BMWの新型電動フラッグシップSUV「BMW iX xDrive50」のイメージ

エクセレンス2.0で目指す
次のステップへの飛躍

「The way of Excellence」、限りないエクセレンス(卓越性)を求めることは、創業以来、最も大切にしているポリシーです。お客様へのサービス及び製品を、最高のクオリティでお届けできるように常に努力を惜しみません。クルマはどのディーラーでも購入できるでしょう。しかし、購入後も信頼できるお付き合いを望むなら、それは私たち、ニコル・グループです。

今後、私が目指すのは「エクセレンス2.0」。お客様がクルマに求められているEV等の新しい技術、パフォーマンス、使い方などの選択肢が増える中、デジタルによる効率的な購入プロセスと店舗でしか味わえないリアルな感動を融合させる必要があります。その融合により、プレミアムブランドの価値を正しく伝えるサービスと他では味わえない顧客体験を加速させていきます。目指すのは、プレミアムブランドのディーラーと言えばニコル、と言われるような地位。そのために、我々と一緒にさらなる成長を追い続ける仲間が必要です。「クルマが好きか? 日々の挑戦を楽しんでいるか? 日々学び、チームとして勝ちたいか?」。もし、答えがイエスなら、ニコル・グループにお越しください。あなたの未来を変えるエキサイティングな旅に招待します。

ロゴ:ニコル・グループ

ニコル・グループ

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2 横浜ブルーアベニュー13F

https://www.nicole.co.jp/

TO TOP