テレワークで変わるセキュリティ 経営層が考えるべき「シャドーIT」とは - 日経ビジネス電子版テレワークで変わるセキュリティ 経営層が考えるべき「シャドーIT」とは - 日経ビジネス電子版

在宅勤務やテレワークの普及に伴い、従業員が企業から許可されていないクラウドサービスやデバイスを使って業務を行う「シャドーIT」の問題が顕在化している。情報漏洩やウイルス感染などのリスクが一気に高まる危険性があるため、経営層には迅速な対応が求められている。ニューノーマル時代のサイバーリスクと適切なクラウドサービスの利用、今後のセキュリティ人材の育成などについて、情報セキュリティ大学院大学 学長 後藤 厚宏氏と西日本電信電話(NTT西日本) 代表取締役社長小林 充佳氏が語り合った(本文内敬称略)。

テレワークの普及で顕在化した
ニューノーマル時代のサイバーリスク

ビジネスで活用するなら適切な
クラウドサービスの選択が必要に

人材育成から対策ソリューションまで
幅広いセキュリティ対策をバックアップ

PAGE TOP