日経ビジネス電子版 Special
日経ビジネス電子版 Special 日経ビジネス電子版
Next Working Style Day Review
NTTデータ

ビジネスレジリエンスを高める
デジタルワークスペースをどう築くか

デジタル化で重視されるEX向上

株式会社NTTデータ コンサルティング&ソリューション事業本部 デジタルビジネスソリューション事業部 デジタルワークスペース統括部 統括部長 遠藤 由則氏
株式会社NTTデータ
コンサルティング&ソリューション事業本部
デジタルビジネスソリューション事業部
デジタルワークスペース統括部
統括部長
遠藤 由則
 コロナ禍は1年半の長きにわたっているが、「アフターコロナの企業経営にはレジリエンスの観点を経営サイクルに盛り込む必要があります」とNTTデータの遠藤 由則氏は指摘する。レジリエンスとは、変化の激しい環境への適応能力、弾力性、回復性を指す。事業継続だけでなく、事業創造も踏まえた独創性のある経営理念を持ち、統制の在り方、働き手とのリレーション構築、業務オペレーションの改善などが求められる(図)。

 「働き方に関しては今後、デジタルワークスペースの考えが重要になります。テレワークが一気に普及した一方で、課題も浮き彫りになりました。コミュニケーション、セキュリティ、そして設備・制度面での課題です。アフターコロナを見据えたハイブリッドワークを実現するには、リアルなアプローチと、デジタルなアプローチを組み合わせた課題解決が必要になります」と遠藤氏は語る。

 そのためにテクノロジーの導入は必須であり、メタバースのような革新技術も現実味を帯びてきている。ただし、テクノロジーがすべてを解決してくれるわけではない。企業の安定経営や成長のためには、「EX(Employee xperience)の視点が欠かせない」と遠藤氏は言う。

 「ワークスペースがデジタル化するからこそ、上司やメンバーとのつながり、チームとしての一体感、組織への帰属意識の源泉となるEXが重要なのです」

専門チームの総合的なサポート

 では、柔軟かつセキュアで、EX向上にもつながるデジタルワークスペースの構築には何が必要なのか。遠藤氏は「仮想デスクトップ」と「ゼロトラストネットワーク」の2つを挙げ、各企業の現状に合わせて最適化する必要があると言う。

 その解決策となるのが、NTTデータが提供する、デジタルワークスペース構築支援のオファリング「BizXaaSOffice(BXO)」だ。BXOは、仮想デスクトップを軸とするサービス、ゼロトラストネットワークを実現するセキュリティ基盤サービス、そしてアセスメトやグランドデザイン設計などのコンサルティング支援および既存インフラからの移行や新システムの構築を支援するプロフェッショナルサービスの3つから成る。

 「現代は変化が急で、自社が置かれている状況も、前に進むために何が必要かも、見えにくいと感じている企業が多いはずです。0か1かで考えるのではなく、まずは相談していただきたいと思います。個別の課題を抽出・可視化した上で、仮想デスクトップやゼロトラストネットワークの多彩なソリューションを組み合わせ、導入計画の立案から実行まで専門チームがサポートし、それぞれの会社に最適化したソリューション提案を行います」と遠藤氏は語る。

 その提案には、NTTデータ自身が取り組むデジタルワークスペース変革の実績やノウハウも生かされている。冒頭で触れたレジリエンスの観点も踏まえ、ニューノーマルにふさわしいデジタルワークスペースを構築するために大きな力になってくれるに違いない。
お問い合わせ
株式会社NTTデータ コンサルティング&ソリューション事業本部
デジタルビジネスソリューション事業部
デジタルワークスペース統括部
〒135-8671 東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス
TEL:050-5546-8703
E-mail:bxo-sales@kits.nttdata.co.jp
BizXaaS Office公式ホームページ