現場を取り巻く状況がめまぐるしく変化する製造業では、業務改善のためのシステム開発に多くの時間をかけられない。そこで有効になるのが、直面している課題を速やかに解消に導く“現場発信型のDX”だ。アウトソーシングテクノロジーは、そのために必要なDX人材とノウハウを提供。事前診断から“アフターDX”までカバーするトータルサービスで企業のDX推進を後押ししている。現場を取り巻く状況がめまぐるしく変化する製造業では、業務改善のためのシステム開発に多くの時間をかけられない。そこで有効になるのが、直面している課題を速やかに解消に導く“現場発信型のDX”だ。アウトソーシングテクノロジーは、そのために必要なDX人材とノウハウを提供。事前診断から“アフターDX”までカバーするトータルサービスで企業のDX推進を後押ししている。

現場を取り巻く状況がめまぐるしく変化する製造業では、業務改善のためのシステム開発に多くの時間をかけられない。そこで有効になるのが、直面している課題を速やかに解消に導く“現場発信型のDX”だ。アウトソーシングテクノロジーは、そのために必要なDX人材とノウハウを提供。事前診断から“アフターDX”までカバーするトータルサービスで企業のDX推進を後押ししている。

現場の業務改革には
スピーディな仮説検証が必要

物流現場の業務プロセスを
最適なソリューションで改革

重要なのは現場担当者が
変革後の作業をイメージできること

状況の変化に応じて改善を続ける
“アフターDX”も不可欠