日経ビジネス電子版 Special

パナソニックが考える新しいくらしの価値【vol.2/家事】「家電×サービス」で提案する一人ひとりに“ちょうどいい”くらしVol.2「家事」

一人ひとりが実現したいライフスタイルを後押しするのが、これからの家電に求められる役割であるという考えのもと、新しい「家電×サービス」のスタイルを提案するパナソニック。連載2回目は「家事」についての新スタイルを紹介する。

家事負担は分散型へ
「協力する家事」実現へ向けた新提案

ななめドラム洗濯乾燥機NA-LX129A

 2017年に家電と家事をシェアしてゆとりをつくる「家事シェア」を提案したパナソニックでは、2019年に家事を家電にまかせて家事の負担を軽減する「しない家事」を提案するなど、家事負担はひとりで抱え込まずに分散・シェアするという根幹の考え方は変えずに、その時代に合った「家事スタイル」の提案を行ってきた。そんなパナソニックが今回新たに提案するのが、「一人ひとりが協力して家事するくらし」だ。その実現のカギとなるのが、家事負担の大きい洗濯の手間を軽減する新しい「ななめドラム洗濯乾燥機」であり、家電が音声で役立つ情報を知らせる「音声プッシュ通知」という新サービスだ。その開発コンセプトと機能やサービスの特長について、パナソニックの担当者に日経BP 総研の渡辺和博が話を聞いた。

コロナ禍の在宅で家事負担が増加
不慣れな人でも使いやすく家事参加しやすい洗濯機へ

渡辺  8年ぶりのフルモデルチェンジということで、ユーザーからの期待も大きい新型ななめドラム洗濯乾燥機ですが、まずは開発のコンセプトを教えてください。

堀田氏
パナソニック
くらし事業本部
くらしアプライアンス社
ランドリー・クリーナー事業部
マーケティング総括
国内マーケティング部
ランドリー・アイロン課
主務
堀田亜希子

堀田氏 メインターゲットはお子さんのいる共働き層です。総務省の調査ではいまや全世帯の約7割が共働き世帯。弊社の調べでも、「家事からもっと自由になりたい」という共働き世帯のニーズが増加しています。世の中では「時短」が叫ばれていますが、やはり「時短」だけでは限界があります。特にコロナ禍で在宅時間が増えたことで、家電に家事をまかせて負担を減らしたいという声が顕在化してきました。弊社でも家電に家事をまかせる「しない家事」というコンセプトを提案していますが、さらに一歩踏み込んで家族みんなで「協力する家事」を実現し、ゆとり時間を創出してほしいというのが開発のコンセプトです。

渡辺  協力する家事ということですが、洗濯は衣類の種類や汚れの違い、洗剤の区別とか、判断が難しいことも多いですよね。

堀田氏 確かに洗濯は不慣れな人には難しい家事なので、ハード・ソフトの両面を進化させ、そこをアシストできる機能をいろいろ搭載しました。たとえば、自分たち家族に合うようにカスタマイズした洗濯コースを「スマホで洗濯」アプリ上で家族間で共有できる「わが家流プラスコース(NA-LX129A)/わが家流コース(NA-LX127A、VG2600)」もあります。

渡邉氏
日経BP 総合研究所 上席研究員
渡辺和博
【PROFILE】筑波大学大学院理工学研究科修士課程卒業後、日本経済新聞社入社。『日経ビジネス』『日経トレンディ』『日経パソコン』など、経営、技術、コンシューマ分野の専門誌の編集部を経て現職。

渡辺  なるほど。「共有」が全体のコンセプトのキーワードになるのかもしれませんね。では、それを実現するためのハード面の機能の進化についてお聞かせください。

堀田氏 前モデルでも非常に好評だった自動投入機能が進化して、液体洗剤、柔軟剤に加えて、おしゃれ着洗剤にも対応した「トリプル自動投入」機能を搭載しました。計量と投入の手間を省けるだけでなく、洗濯物の量やコースに合わせて自動投入してくれるので、洗濯に不慣れな人でも悩むことはありません。

渡辺  限られたスペースの中でタンクを2つから3つに増やすわけですから、開発陣もかなりご苦労されたのでは?

堀田氏 徹底したコンパクト化が最も苦労した点だと聞いています。洗濯機の上部はスペースが非常に限られているので、徹底してコンパクト設計にしないとタンクをもう1つ追加することはできません。さらに、今回は従来から搭載している液体洗剤用と柔軟剤用のタンクも大容量化しています。(洗剤:1,010mL、柔軟剤:890mL、おしゃれ着洗剤:730mL)

渡辺  大容量といえば、洗濯機自体の容量も大きくなったそうですね?

ななめドラム洗濯乾燥機
NA-LX129A

ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129A
業界初おしゃれ着洗剤タンク搭載の「トリプル自動投入」機能に加えて、従来機種と本体寸法はほぼ変えずに洗濯容量12㎏の大容量を実現。また、濃密泡と高浸透バブルシャワーによる「スゴ落ち泡洗浄」やシワを抑えてふんわり仕上げる「はやふわ乾燥 ヒートポンプ」なども搭載する。
※国内家庭用洗濯機において。2021年11月1日発売。パナソニック調べ。

堀田氏 本体寸法は、従来機種とほぼ同サイズですが、容量は11㎏から12㎏にアップしました。大物衣類を洗いたいというニーズに加え、コロナ禍で洗濯の頻度と洗濯物の量が増えたため、大容量へのニーズは根強いですね。

渡辺  洗浄力の進化はいかがですか?

堀田氏 今回「スゴ落ち泡洗浄」という新しい洗浄方式を採用しました。泡生成ボックスで空気を引き込みながら、濃密泡を作り、高浸透バブルシャワーで素早く衣類に浸透させます。その後、槽を効率的に動かし、たたき洗い、もみ洗い、押し洗いの3つの洗い方で高い洗浄力を実現しています。

渡辺  細かな機構にまで手を加えて、しっかりと洗浄力を高めているわけですね。

堀田氏 さらにお客さまのニーズが高いお手入れですが、投入口のパッキングの裏に水を流してたまった糸くずを洗い流す新機能「窓パッキング洗い」を追加しました。同様にニーズの高い乾燥時の衣類のシワについても、新形状のバックフィルターを採用し、風を直接衣類にあてることで、シワを抑えふんわり仕上げています。

渡辺  目に見えないところにも、ノウハウの蓄積が活かされていますね。一方、コロナ禍で除菌や衛生に対する意識も高まったと思いますが、そのあたりはいかがですか?

堀田氏 ナノイーXも進化していて、新しく搭載した衛生ケア 120分コース(NA-LX129A)では、水洗いできない衣類の除菌※1に加えてウイルスの抑制※2も可能です。コートやジャケットなど、水洗いしにくいアイテムに活用していただきたいと考えています。

渡辺  ここまで機能面での進化についてうかがってきましたが、デザインもすっきりしていて、どんなインテリアにもなじむ印象ですね。

堀田氏 できるだけシンプルでノイズレスなデザインを目指しました。窓を透明にしたことで、洗濯の様子も一目で分かります。

渡辺  先ほどコースのカスタマイズの話が出ましたが、ソフト面の進化はどうですか?

堀田氏 「スマホで洗濯」アプリを活用することで、簡単に最適なコースが選べたり、カスタマイズしたコースを登録しておける「わが家流プラスコース(NA-LX129A)/わが家流コース(NA-LX127A、VG2600)」を選べるほか、運転状況のステータス通知や洗剤のオンライン購入機能といったサポートもあるので、こうした情報を共有することで、家族みんなで協力して洗濯できると思います。

渡辺  みんなで協力して家事をすることが、家族のコミュニケーションの一つになればいいですね。洗濯って本当は気持ちのいいものですからね。

※ 1〈「衛生ケア(NA-LX129A:120分/NA-VG2600:180分)」コースによる除菌の試験内容〉[試験機関](株)テクノサイエンス [試験方法]ドラム内のコート表面に取り付けた菌液付着試験布の生菌数測定 [除菌方法]「衛生ケア(NA-LX129A:120分/NA-VG2600:180分)」による[ 対象部分]ドラム内の衣類[ 試験結果]120分(NA-VG2600は180分)で菌の減少率99%以上(自社換算値)。試験は1種類のみの菌で実施。除菌効果は衣類の量、種類や汚れの程度により異なる場合があります。
※2 〈「衛生ケア(NA-LX129A:120分/NA-VG2600:180分)」コースによるウイルス抑制の試験内容〉[試験機関](一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日]NA-LX129A:2021年6月30日/NA-VG2600:2021年5月26日 [試験成績書発行番号]NA-LX129A:第20113860002-0301号/NA-VG2600:第20113859002-0101号 [試験方法]ドラム内のコート表面に取り付けた布に付着させたウイルス感染価を測定 [抑制方法]「衛生ケア(NA-LX129A:120分/NA-VG2600:180分)」による[対象部分]ドラム内の衣類 [試験結果]NA-LX129A:120分/NA-VG2600:180分でコートの表面99%以上抑制(自社換算値)。試験は1種類のみのウイルスで実施。
  • おしゃれ着洗剤にも対応
    進化したトリプル自動投入

    一人ひとりにちょうどいい食のあるくらし
    液体洗剤、柔軟剤に加え、おしゃれ着洗剤まで自動投入するトリプルタンクを搭載。計量・投入の手間を省き、入れすぎを防ぐ。ボトルがなくなって空間の見た目もスッキリ。タンクは自立式で丸洗い対応可能なため手入れも簡単だ。
  • 専用アプリ「スマホで洗濯」が
    洗濯をサポート

    一人ひとりが協力して家事するくらし
    アプリの操作で、洗剤・柔軟剤の自動投入の切り換えや投入量の設定、残量が少なくなった際の通知、オンライン購入などができるほか、コース履歴の確認やコース検索もできる。お住まいの地域を設定すれば、その地域の天気を確認できるのも使い勝手がいい。
    ・洗剤タンクとおしゃれ着洗剤タンクが同時に点灯することはありません。
    ・NA-VG2600ではおしゃれ着洗剤の設定はできません。
パナソニック×花王アタック共同プロジェクト始動
パナソニック×花王アタックがタッグを組んだ共同プロジェクト「#センタク」プロジェクトが始動。コロナ禍の洗濯に対する声を聞いた「#1019人のセンタクのホンネ」調査や洗濯の様々な疑問を解決する「#センタク」マニュアルムービーを公開。
「#センタク」プロジェクト
IoT家電の連携による、音声プッシュ通知で
未来の家事スタイルを提案

渡辺  続いて「音声プッシュ通知」という新しいサービスについてです。これは「通知」といいながらも、家電のネットワーク化というか、家電のチームプレーが始まるという印象を受けましたが、サービスの狙いは?

中井氏
パナソニック
くらし事業本部
コンシューマーマーケティング ジャパン本部
エンゲージメントセンター
戦略企画部 横断価値企画課
主幹
中井健太郎

中井氏 弊社の家電はインターネットにつながるIoT家電が多くあり、スマホアプリへ家電の情報を通知できるものもあります。それらのIoT家電が持つ情報の中で音声で伝えて価値があるものを、テレビ、ポータブルテレビ、ロボット掃除機といったスピーカー搭載のIoT家電を使ってお知らせします※3。天気情報やゴミの日通知などのくらしに役立つ情報、宅配情報(2022年春開始予定)などもお知らせすることで、家事やくらしを便利にしていくのが狙いです。

渡辺  つまりIoT家電の情報が、音声で伝わってくるというイメージ?

中井氏 そうです。宅内で、気づかないとか忘れてしまいがちな情報を、音声で、家族みんなに、タイムリーにお伝えするというのが基本的なコンセプトです。たとえば洗濯機なら、「洗濯がまもなく終了します」とお伝えすることで、家事の段取りを整えてもらえます。また、音声に気づいた家族が手伝ってくれて、洗濯が終わったのに干すのを忘れたという状況も避けられると思います。あとは洗濯機のお手入れのタイミングを、お知らせすることもできます※4。家事で手が離せず、手元にスマホがないときなど、音声なら聞いた瞬間に、通知の内容が分かるので、便利だと思います。

渡辺  もう少し詳しくお聞きしたいのですが、エアコン、オーブンレンジ、冷蔵庫は?

中井氏 エアコンは室内の温度ですね。離れた部屋の室内が高温なのにエアコンがついてなければ、高温通知を出して「つけたほうがいいかな」と気づきを与えます。オーブンレンジはオーブンの予熱や加熱の完了のお知らせですね。加熱中にその場を離れて他の用事をしたりお子さんと遊んでもらってもいいですね。それから弊社の冷蔵庫には、「はやうま冷凍」「はやうま冷却」という特長があります。その中に、つくったお弁当を数分で冷ますクーリングアシストという機能があるのですが、その完了を音声でお知らせするので、朝の忙しい時間でも安心です。もし親御さんが聞けなかったとしても、音声なら、通知内容の意味が分かるので、それを聞いたお子さんが教えてくれるという、家族が助け合う形も生まれると思います。

忘れがちなことを家電が教えてくれる「音声プッシュ通知」

・家電の動作状況を通知するには、別途、対応のIoT家電が必要です。
・サービス提供内容は改善等のため、予告なく変更、停止する場合があります。
・ご利用には、対応のIoT家電をインターネットに接続することが必要です。
・ご利用には、CLUB Panasonic IDが必要です。

渡辺  コミュニケーションのきっかけを音声が与えてくれるというのは、おもしろいですね。メインターゲットはやはりお子さんのいる家庭ということになりますか?

中井氏 そうですね、お子さんの面倒をみるために、なにかと忙しくしている家庭がメインになると考えています。実はサービスを開始する前に半年間の実証実験を行い、そこでいろいろなアイデアや機能について洗い出しをしました。そこで出てきたのが家電の情報だけではなく、ゴミの日など、つい忘れがちな暮らしに役立つ情報もあったほうがいいという意見でした。あわせて、お子さんの寝る時間や習い事の時間など、いつも親が子どもに言っていることを家電に言わせることで、お子さんの習慣化も促すことにも、お使いいただけると思います。

イメージ
イメージ
洗濯や調理の動作終了のお知らせや、部屋の温度上昇などの情報を音声でアナウンス。また「ゴミの日」や「薬の時間」なども登録でき、ついうっかり忘れがちな情報も音声でお知らせ。宅配便の配送予定通知も2022年春開始予定。

渡辺  ニーズはこの先もまだまだ増えていきそうですから、可能性もふくらみますね。

中井氏 2021年の10月5日にスタートしたばかりの新しいサービスなので、日々の暮らしに役立つ情報をはじめ、対応する家電の数ももっと増やしていきたいと考えています。

渡辺  本日は新型ドラム式洗濯乾燥機と音声プッシュ通知の話をうかがったわけですが、こうした家電やサービスを使って家事の共有を進めることが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上につながっていくのだと感じました。家事のことでみんながバタバタしたとしても、それを一つのエンターテインメントとして家族で楽しめるようになっていく、そんな兆しが見えた気がします。

※3 対応の音声でお知らせする家電はこちらを参照。
※4 洗濯機のお手入れの通知は、2021年モデルのみ対応。
新提案!次世代家電 OTHER LINE UP 掃除の負担を軽減!スティック掃除機はセパレート時代へ
スティック掃除機では国内初となる本体から分離したダストボックスを充電台に内蔵した独自の「クリーンドック」を搭載。掃除後のゴミを自動で収集することでスティック本体のゴミ捨てが不要となり、掃除後の手入れの負担を大幅に軽減すると同時に、本体の軽量化も実現した。

※国内スティック掃除機市場において。パナソニック調べ。
セパレート
コードレス掃除機
MC-NS10K