データ活用の重要性が高まる中、メインフレームやSAPなどのERPに蓄積された大量のデータを、いかに迅速にビジネス価値に変えるかが課題になっている。そうした中、大規模・複雑なシステムのデータにリアルタイムにアクセスできる環境を具現化し、データパイプラインを構築するのがQlikだ。ビジネスの「今」を捉え、最適な意思決定を可能にするデータ活用基盤の在り方を考える。データ活用の重要性が高まる中、メインフレームやSAPなどのERPに蓄積された大量のデータを、いかに迅速にビジネス価値に変えるかが課題になっている。そうした中、大規模・複雑なシステムのデータにリアルタイムにアクセスできる環境を具現化し、データパイプラインを構築するのがQlikだ。ビジネスの「今」を捉え、最適な意思決定を可能にするデータ活用基盤の在り方を考える。

データ活用の重要性が高まる中、メインフレームやSAPなどのERPに蓄積された大量のデータを、いかに迅速にビジネス価値に変えるかが課題になっている。そうした中、大規模・複雑なシステムのデータにリアルタイムにアクセスできる環境を具現化し、データパイプラインを構築するのがQlikだ。ビジネスの「今」を捉え、最適な意思決定を可能にするデータ活用基盤の在り方を考える。

単なるシステム更改ではなく、
新しい価値を生み出せる仕組みを目指す

データ活用プロセスを統合的にカバーする
プラットフォームを用意

リアルタイムな与信管理、
プッシュ型マーケティング施策などを実現可能