ポスト・コロナを見据えた製造業のDX戦略を描く クラウドカメラこそ最良のIoTセンサー 「映像データの活用」を切り口にすれば製造業の「現場DX」が見えてくる 従来、製造現場におけるカメラといえば「防犯」や「監視」が主な用途だった。しかし現在は、DXのカギを握るものとして、そこで収集される映像データが注目されている。LTE通信機能を備えたカメラデバイスと、映像データを蓄積・活用するためのクラウドプラットフォームを提供するセーフィーは、その独自のソリューションによって製造業の「現場DX」を後押ししている。

クラウドカメラへの置き換えが
DX実現の第一歩となる

映像データを分析することで
製造機器の予防保全を実現

各種APIを公開し、映像データの
システム間連携も実現していく

PAGE TOP