日経ビジネス電子版Special

SentinelOne Japan 継続的に発生する運用の負担を軽減「自律型EDR」という新しい選択肢SentinelOne Japan 継続的に発生する運用の負担を軽減「自律型EDR」という新しい選択肢

サイバー攻撃対策の切り札としてEDR(Endpoint Detection and Response)への注目が高まっている。しかし、その運用にはスキルを備えた人材や十分な人的リソースが必要で、自社だけで運用するのは難しい。この問題に解決策を提示しているのがSentinelOneだ。同社の自律型EDR製品は、高い検知能力と独自の自動修復機能によってインシデント対応を省力化し、EDR導入のハードルを下げている。

PAGE TOP
PAGE TOP