オンライン会議の苦手意識は「音」問題に起因 立命館大学に見る超短期間システム拡充のポイント 「場をつなぐ」から「人をつなぐ」音響対策 オンライン会議の苦手意識は「音」問題に起因 立命館大学に見る超短期間システム拡充のポイント 「場をつなぐ」から「人をつなぐ」音響対策

立命館大学におけるオンライン授業の「音」環境改善方法を無料公開中立命館大学におけるオンライン授業の「音」環境改善方法を無料公開中

わずか30日で600室のオンライン授業環境を構築

新型コロナウイルスまん延によりビジネスコミュニケーションの手段として定着したWeb会議・テレビ会議などのオンライン会議。しかし、いまだに苦手意識を持つユーザーは多い。オンライン会議が定着しだした昨春であれば「不慣れ」なのも理解できるが、1年間利用し続けた今でも苦手なのはなぜなのか。 

その理由の多くは「音」に起因する。相手の声が聞き取りづらい、逆にこちらの声がきちんと届かない、声が遠い、空調やプロジェクターのノイズが気になる、相手の手元の雑音が気になる、などだ。これらの問題の多くは、正しい機器選定や設定、そしてシステムデザインの工夫で改善できることが多い。

こうした取り組みに最も敏感なのは、大学かもしれない。昨年の緊急事態宣言を受けて、大学の授業はほぼオンライン授業にシフトした。そして、緊急事態宣言解除後に、各学生からキャンパスで学べないことに対する不満が寄せられた。企業とは違い、大学はキャンパスの雰囲気やそこでの学生交流も含め、質の高い授業環境を提供する責務がある。

しかし、当然のことながら、多種多様な形態の授業すべてにおいて、対面と完全に同じ体験をオンラインへ置き換えることはほぼ不可能だ。時間的な余裕がない中、学びの質を低下させてはならない。そこで注目されたのが、対面とオンラインを同時に行うハイブリッド授業だ。教室に入る学生数を減らし、残りは自宅などの遠隔地からオンラインで参加する手法だ。企業でも、定員より少ない人数で会議室に集まり、テレワークのスタッフがオンラインで参加するケースは多いだろう。

わずか1カ月で600教室をハイブリッド授業に対応した環境へと刷新し、「音」問題も解決しながら、臨場感あふれるオンラインの学びを実現した大学がある。関西の名門、立命館大学だ。

本資料は、立命館大学におけるオンライン授業環境構築のポイントや成果などを記したものである。学校関係者はもちろん、企業でのオンライン会議の運用に悩む方々にも大いに参考になるはずだ。

オンライン会議の環境構築のポイントや成果を収録した資料を無料公開中オンライン会議の環境構築のポイントや成果を収録した資料を無料公開中

▲ PageTop