コロナ禍のリモートワーク移行で生産性が低下し、社内のつながりが希薄になった――。そうした悩みを抱える企業は今、少なくないのではないか。要因として考えられるのが、使用するツールがリモートワークに適していない可能性だ。コロナ前は原則出社だったSlackでは自社ツールによる「デジタル・ファースト」の働き方で在宅勤務に円滑に移行し、業績も大幅に伸長。自らの経験を基に、効果を上げるSlackの活用方法を提案している。コロナ禍のリモートワーク移行で生産性が低下し、社内のつながりが希薄になった――。そうした悩みを抱える企業は今、少なくないのではないか。要因として考えられるのが、使用するツールがリモートワークに適していない可能性だ。コロナ前は原則出社だったSlackでは自社ツールによる「デジタル・ファースト」の働き方で在宅勤務に円滑に移行し、業績も大幅に伸長。自らの経験を基に、効果を上げるSlackの活用方法を提案している。

コロナ禍のリモートワーク移行で生産性が低下し、社内のつながりが希薄になった――。そうした悩みを抱える企業は今、少なくないのではないか。要因として考えられるのが、使用するツールがリモートワークに適していない可能性だ。コロナ前は原則出社だったSlackでは自社ツールによる「デジタル・ファースト」の働き方で在宅勤務に円滑に移行し、業績も大幅に伸長。自らの経験を基に、効果を上げるSlackの活用方法を提案している。

自宅作業の生産性を高めた
働き方とツールとは

「聞く」だけの非効率な会議を
なくす切り札になる

Slackで
どこでも協働できる組織へ変革