日経ビジネス電子版 Special
日経ビジネス電子版 Special 日経ビジネス電子版
Next Working Style Day Review
セールスフォース・ドットコム
(Slack Japan)

リモートワークの課題に向き合い
理想のハイブリッドワークを目指す

リモートワークで帰属感と生産性が低下

株式会社セールスフォース・ドットコム Slack マーケティング本部 プロダクトマーケティング シニアマネージャー 伊藤 哲志氏
株式会社セールスフォース・ドットコム
Slack マーケティング本部
プロダクトマーケティング シニアマネージャー
伊藤 哲志
 リモートワークが一般化する一方で、その課題に対する意識も高まっている。Slack Japanの伊藤 哲志氏はこう語る。

 「当社が昨年実施した調査では、リモートワーク環境での『仕事における帰属感』と『生産性』という2つの項目で、日本と海外との差が大きいことが分かりました。日本企業の場合、リモートワークでは帰属感を持ちにくく、生産性が低下する場合が多いという結果になりました」

 コロナ禍が収束したとしても、一定のリモートワークは残るだろう。日本企業にはこれらの課題解決を図りつつ、対面とリモートをうまく組み合わせたハイブリッドワークの確立が求められている。

 「企業によって、対面とリモートの最適なバランスは異なります。自分たちの理想とする働き方を明確にし、現在位置を確認した上で、理想に向けて着実に進むことが重要です」と伊藤氏。そのプロセスをサポートするのが Slack だ。

 「Slack はチャットをはじめとする様々な機能により、仕事に関係するメンバーがつながる環境を提供します。その環境には社内だけでなく、パートナー企業など社外のメンバーも参加できます。多様なアプリケーションとの連携機能を持ち、Slack 上で他システムを参照するなど、情報をやり取りすることもできます」と伊藤氏は説明する(図)。

非同期型と同期型の最適バランスを

 Slack のデジタル環境でつながることで、遠隔拠点のメンバーを含め、すべての関係者が必要な情報にアクセスすることができる。全社員が同じ部屋で仕事をしている感覚だ。そのやり取りは主にチャンネルベースで行われる。

 プロジェクトやトピックごとにチャンネルを立ち上げ、このデジタル空間でメンバーがやり取りするという形だ。通常、その多くは社内に開かれたパブリックチャンネルだが、人事関係など機微な情報はクローズドのプライベートチャンネルを用意することもできる。

 「チャンネルは非同期型のコミュニケーションの場です。電話やビデオ会議のような同期型のコミュニケーションが便利な場合もありますが、非同期型のほうが適していることもあります。ここでも、自社にとって最適なバランスを見つけることが大切です」と伊藤氏は言う。

 非同期型の代表的なツールはメールだ。メールが適している場面もあるが、メールは各ユーザーの受信箱に情報が蓄積されるので情報の分断が起こりがち。また、役員にメールを送信するときなどには、心理的なハードルもあるだろう。チャンネルなら、必要なときには役員が見に来るので気軽に情報を共有できる。メールとチャンネル、それぞれの特性を生かした使い方が求められる。

 今年夏から秋にかけて、Slack は3つの新機能をリリース。メッセージの送信日時を送り手が設定できる予約送信機能、音声・動画を共有できる簡易録音・録画機能、そして、「いま、ちょっといいかな」とメンバーを誘ってカジュアルなコミュニケーションができるSlack ハドルミーティング機能である。3つの新機能は仕事へのエンゲージメント、生産性を高める上でも大きな効果を発揮するはずだ。

Slack Japan株式会社は、株式会社セールスフォース・ドットコムに社名変更しました。
お問い合わせ
株式会社セールスフォース・ドットコム(Slack Japan) 〒100-0004
東京都千代田区大手町1-1 大手町パークビルディング17F
URL:https://slack.com/intl/ja-jp/contact-sales