デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進担当者とそれ以外の社員の間には、しばしば意識の乖離が見られる。トップの描くビジョンが、個々の社員にしっかり理解されていないことがその主な要因だ。この状況を打破するには、インターナル(組織内)のコミュニケーションを今一度精査し、部門横断的に情報が共有できる環境を構築することが不可欠。ソフィアはそのための方法を提案している。デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進担当者とそれ以外の社員の間には、しばしば意識の乖離が見られる。トップの描くビジョンが、個々の社員にしっかり理解されていないことがその主な要因だ。この状況を打破するには、インターナル(組織内)のコミュニケーションを今一度精査し、部門横断的に情報が共有できる環境を構築することが不可欠。ソフィアはそのための方法を提案している。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進担当者とそれ以外の社員の間には、しばしば意識の乖離が見られる。トップの描くビジョンが、個々の社員にしっかり理解されていないことがその主な要因だ。この状況を打破するには、インターナル(組織内)のコミュニケーションを今一度精査し、部門横断的に情報が共有できる環境を構築することが不可欠。ソフィアはそのための方法を提案している。

DXの阻害要因となる、
トップと社員の「温度差」

組織横断のコミュニケーションを
活性化する環境を整備