経営のデジタル化を実現するためには、データの活用が不可欠となる。経営管理基盤のデータを見える化し、企業内外のデータも組み合わせることで、予測型経営管理を実現することも可能だ。しかし、グループ全体のインフラ最適化は膨大なコストと時間がかかり、リスクも大きい。こうした課題を解決するためにTagetikでは新しいアプローチを提唱している。これにより既存資産を活用しつつ、グループ全体の経営情報の統合と見える化が可能になるという。経営のデジタル化を実現するためには、データの活用が不可欠となる。経営管理基盤のデータを見える化し、企業内外のデータも組み合わせることで、予測型経営管理を実現することも可能だ。しかし、グループ全体のインフラ最適化は膨大なコストと時間がかかり、リスクも大きい。こうした課題を解決するためにTagetikでは新しいアプローチを提唱している。これにより既存資産を活用しつつ、グループ全体の経営情報の統合と見える化が可能になるという。

経営のデジタル化を実現するためには、データの活用が不可欠となる。経営管理基盤のデータを見える化し、企業内外のデータも組み合わせることで、予測型経営管理を実現することも可能だ。しかし、グループ全体のインフラ最適化は膨大なコストと時間がかかり、リスクも大きい。こうした課題を解決するためにTagetikでは新しいアプローチを提唱している。これにより既存資産を活用しつつ、グループ全体の経営情報の統合と見える化が可能になるという。

個別最適のERPで情報が分断
経営が求める情報の取得が困難

既存ERPの資産を最大限に活用
速効性の高い経営のデジタル化

世界で1300社以上の導入実績
日本でも進むCCH Tagetikの活用