レガシー脱却とDXを“地続き”で実践 プロが勧める具体的なアプローチとは

メインフレームのシステムを継続利用するリスクは大きい

モダナイズ後のシステムの状況を あらかじめ見据えた設計が不可欠

モダナイゼーションの実施は現行ベンダーに委ねるべきか

ソースコード変換から現新比較まで プログラム移行の工程を全面支援

変換後の画面を内部的に操作し API経由でシステム連携を実現

モダナイゼーションとDX 両方の対応を“地続き”で支援