アバント 代表取締役社長 グループCEO 森川 徹治

PROFILE

森川 徹治 [もりかわ・てつじ]
1966年東京都生まれ。中央大学商学部卒業後、外資系コンサルティングファームで経営情報システムの開発などに関わる。97年にディーバを設立し、代表取締役に就任。連結会計システムをはじめ企業の持続的成長を支援するシステムの創造と普及に取り組む。現在はアバントグループ代表として、顧客企業や投資家など様々なステークホルダーと積極的に対話し、企業価値を生むグループ経営を実践。

「企業価値の向上に役立つソフトウエア会社」になって、上場企業を支援

連結会計システムでシェアナンバーワンを達成

アバントは、連結会計システム「DivaSystem(ディーバシステム)」を開発・販売する「ディーバ」、DXを通じて経営上の意思決定に役立つシステムを開発する「ジール」、上場企業の適時開示情報の検索サービス等を提供する「インターネットディスクロージャー」、連結決算業務などのアウトソーシングサービスを提供する「フィエルテ」の4つのブランドで、上場企業のお客様の経営情報を活用した企業価値向上を支援しています。

「世界に通用する日本のソフトウエアを創る」。それが創業の原点でした。

エンジニアだった父の影響で、子どものころから日本のモノづくりの素晴らしさに誇りを感じていました。

ところが外資系コンサルティング会社に就職して、ソフトウエア分野は欧米企業の独壇場であるという事実に打ちのめされ、そのため自分の手で世界に通用するようなソフトウエアを創れないかと思い至ったのです。

その思いを形にすべく、1997年に創業し、最初の5~6年で経営資源のすべてを注ぎ込み開発したのが連結会計システムでした。その結果、圧倒的な処理速度などが高く評価され、たちまちシェアナンバーワンを達成しました。

図:アバントグループ組織図。持ち株会社:AVANT。事業会社:グループ・ガバナンス事業、デジタルトランスフォーメーション推進事業、アウトソーシング事業。

アバントの事業は、連結会計システムをはじめ企業価値向上を支援するグループ・ガバナンス事業、DX推進事業、決算業務などのアウトソーシング事業で構成されている。ソフトウエア開発にとどまらず実装・運用アウトソーシングサービスも提供する「ソフトウエアベースBPO」というビジネスモデルを採用しているのが特徴だ。

企業価値を高めるシステムの開発を目指す

一方、創業当初から「経営に役立つ情報システム」を提供するという目標を掲げ、それはどのようなものなのか、常に問い続けてきました。

約20年にわたる模索を経てたどり着いたのが、単に会計業務を効率化するシステムではない、「企業価値を高めるためのシステム」という答えです。

私自身、経営者になったばかりのころは企業価値の重要性に気づいていなかったのですが、海外の投資家や社外取締役との対話などを通じて、株価や時価総額が、企業の成長性といかに密接に関わっているのかということが納得できるようになりました。

上場企業にとって企業価値を上げていくことは至上命題であり、経営者はその責任を負わなければなりません。

企業価値を測るには、財務情報だけでなく、人材や取引先企業、あるいは環境などのバランスシートには表れない非財務の資産情報まで、ブラックボックス化することなく洗い出す必要があります。

こうした情報を経営情報として可視化し、共有する環境を整えることで取締役会において事業再編も含め聖域なき議論を促すことができます。その結果、海外企業に対して劣後してしまった多くの日本企業間で事業の流動化が進み、企業価値が再評価されるのではないかと考えています。

創業以来の目標に向かって自分たちを高め直す

企業価値を高めるためのシステムを創るという目標を掲げた当社は、その意思を社内統一するためのツールとして2020年度より統合報告書作成プロセスを利用しています。2021年度は「企業価値とは何か?」をテーマに作成しました。投資家の皆様やお客様だけでなく、社員にもディスカッションに参加してもらい、企業価値向上の必要性や、私たちの仕事がどのようにお客様の役に立つのかを改めて考えました。

2021年度の統合報告書のもう一つの成果は、社内でのディスカッションを経て今後の事業の方向性である「企業価値の向上に役立つソフトウエア会社になる」を戦略マテリアリティとしてまとめたことです。

この戦略マテリアリティによって、私たちが何を目指してきたのかを再確認し、その目標に挑戦するために、自分たちを高め直したいと考えました。

私たちの目標は常にお客様の経営を支援し、企業価値を高めるシステムを創り出すことです。

システムのコアとなるソフトウエアの開発に向けての課題は多いですが、大きな事業機会のある分野であり、積極的に投資し乗り越えていきます。当社が連結会計システムでトップシェアの地位を築けた理由はソフトウエア開発以外にも、お客様のニーズを十分にくみ取って実装、保守まできめ細かに支援したことにあります。企業価値を高めるシステムにおいても、お客様が実際にそれを使って企業価値を向上させる環境を支援していきます。それが統合報告書で明確になった戦略マテリアリティの実現だと考えています。

株式会社アバント

株式会社アバント

〒108-6113 東京都港区港南2-15-2
品川インターシティ B棟13階
https://www.avantcorp.com/

記事中の肩書きやデータは公開時点の情報です