近年のIT技術の発展に伴いエンターテインメント業界では消費者との直接のコンタクトポイントが拡大・多様化しており、そこには膨大な種類・量のデータが存在している。ところがその活用は思ったように進んでいない。各事業に紐づくデータはそれぞれの部門ごとに管理されており、サイロ化しているのが原因だ。DataCurrentの講演では、ソニーミュージックグループのDX事例を通じて、この課題解決のヒントが提示された。近年のIT技術の発展に伴いエンターテインメント業界では消費者との直接のコンタクトポイントが拡大・多様化しており、そこには膨大な種類・量のデータが存在している。ところがその活用は思ったように進んでいない。各事業に紐づくデータはそれぞれの部門ごとに管理されており、サイロ化しているのが原因だ。DataCurrentの講演では、ソニーミュージックグループのDX事例を通じて、この課題解決のヒントが提示された。

近年のIT技術の発展に伴いエンターテインメント業界では消費者との直接のコンタクトポイントが拡大・多様化しており、そこには膨大な種類・量のデータが存在している。ところがその活用は思ったように進んでいない。各事業に紐づくデータはそれぞれの部門ごとに管理されており、サイロ化しているのが原因だ。DataCurrentの講演では、ソニーミュージックグループのDX事例を通じて、この課題解決のヒントが提示された。

データ利活用の全体戦略を描けない
原因はデータのサイロ化にある

音楽原盤マーケットの動向と
ソニーミュージックグループの
ビジネス戦略

アーティストのファン層を把握し
効果的にアプローチする