日経ビジネス電子版 Special

3本柱でDXを進める富士フイルムグループ - Be the first 「モノからモノ+コト、サステナビリティへ」 新しいビジネスで勝ち抜くための道筋

製品・サービス、業務、人材の3本柱と土台となるインフラでDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、イノベーティブな顧客体験の創出と社会課題解決への貢献を目指す富士フイルムグループ。全社一体となった取り組みの全容と、その過程で得た“気づき”や“学び”について、富士フイルムホールディングス執行役員CDOの杉本征剛氏、メディカルシステム事業部のDX戦略を統括する鍋田敏之氏に、同グループのDX推進を支援するデロイト トーマツ コンサルティングの中村智行氏が聞いた。