「ダイナースクラブ ビジネスカード」が新しくなった。年会費が2万9700円から2万7500円に値下げとなったうえ、ビジネスシーンでの使い勝手がさらに向上。ここでは、個人事業主や経営者が抱えるお悩み別にその活用法を探ってみよう。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」が新しくなった。年会費が2万9700円から2万7500円に値下げとなったうえ、ビジネスシーンでの使い勝手がさらに向上。ここでは、個人事業主や経営者が抱えるお悩み別にその活用法を探ってみよう。

個人事業やスタートアップの起業には、開業資金や運転資金など現金の備えが必要となるため、備品購入や会食といった日々の決済には個人のクレジットカードを利用する機会も多い。その際は、プライベートの支出とビジネスの経費をきちんと分けるのが鉄則だ。とはいえ、忙しい開業期に余計な事務作業は増やしたくない。できれば、仕入れや事務所の光熱費、通信費など、決済タイミングの異なる諸経費も一括で支払えれば助かるのだけれど……。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」なら、法人ではなく事業主個人の与信による審査で発行できるため、設立初年度でも発行可能。仕入れから備品購入、接待、光熱費、通信・ネット回線費、新聞雑誌購読料まで業務に関わるすべての経費を一括管理できるので、個人支出との区別はもちろん、毎月の精算処理もスムーズに行える。また、一律のカード利用限度額がなく、高額決済が可能な点も「ダイナースクラブ ビジネスカード」ならではの強み。大量仕入れの際にも安心して使えそうだ。

さらに、新しくなった「ダイナースクラブ ビジネスカード」では、Mastercard®ブランドのビジネス コンパニオンカードも付帯でき、決済シーンの幅が広がった。2つのカードで獲得したポイントは合算できるため、効率的にポイントを貯められるのも嬉しい。

少数精鋭のスタートアップでは、経理の専任担当がいないケースも多い。業務と両立しながらの経費精算は日々の大きな負担となり、ときにはミスが出てしまうことも。また、これからの時期は、確定申告書や決算書づくりにも追われることになり、新米経営者の悩みは尽きない……。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」では、従業員用に追加カードを2枚まで無料発行できるため、社内経費の一元管理が可能。立て替え精算など現金の出し入れも不要になり、計上漏れを防ぐことができる。営業でクルマを使う場合も、追加カードそれぞれに無料でETCカードが発行されるので安心だ。

また、カードの利用データを手元のPCに取り込んで書類に反映できるほか、クラウド会計ソフト「freee会計」を使えば、青色申告や決算書の作成も簡単に行える。「freee会計」は有料オプションとなるが、「ダイナースクラブ ビジネスカード」会員は初年度有料プランが通常より2カ月分お得になるため、この機会にぜひ活用してみたい。

自宅をオフィスとして活用する個人事業主や、事務所を構えてはいても一人で集中したいという経営者。働き方が多様化するにつれ、別のオフィスを持ちたいというニーズは高まりつつある。打ち合わせや会議、会合にもアクセスのいい都心の一等地に拠点があれば、次のアクションも軽快に踏み出せるに違いない──。

新しい「ダイナースクラブ ビジネスカード」では、会員制シェアオフィス「 Business-Airport」を入会事務手数料無料で利用できるようになった。丸の内エリアや青山、六本木、品川、渋谷、新宿といった都内主要エリアや神奈川、大阪にもワークプレースを展開できるのは、個人事業主や経営者にとっても大きなメリット。いつもと違う空間で仕事に集中できるだけでなく、他の経営者たちとの交流も図れるなど、ビジネスを飛躍させるチャンスも広がる。

打ち合わせも商談もリモートが当たり前になった昨今のビジネス事情。会食や接待の機会も激減する中、新時代のビジネスコミュニケーションを模索する経営者は多い。そうした中、あらためて注目されているのが、ソーシャルディスタンスを保ちながら親交を深められるゴルフだ。しかし空前のゴルフブームゆえ、ゲストを満足させられる名門コースの予約はむずかしい……。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」では、国内約100コースの名門ゴルフ場を会員に代わって予約してくれるうえ、優待対象コースではプレーフィー5000円をダイナースクラブが負担(月1回)。さらに最高300万円が補償されるゴルファー保険も付帯している。ゴルフ練習場やプライベートレッスンの優待もあるので、これからゴルフを始めようという経営者にも心強い。

また、少人数の会食には、レストランの対象コース2名様以上の利用で1名様が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」がおすすめだ。さらにダイナースクラブでは、通常予約しにくい高級料亭の手配も可能。大切なゲストとの語らいを楽しめる。

何でも一人でやらなければいけない個人事業主にとって、ひときわ面倒なのが出張手配。飛行機や新幹線の予約からホテル選びまで、いちいち窓口に出向いたり電話をかけたりする時間が惜しいと感じることも。急な出張ともなれば、時間の余裕はますますなくなるし、運賃も割高になってしまう……。

出張や旅行の強い味方となるのが、「ダイナースクラブ ビジネスカード」。トラベルデスクに電話すれば、必要な手配をまとめて行ってくれる。自身で手配する場合も、「ダイナースクラブ ビジネスカード」会員なら、JAL国内線出張手配システム「JALオンライン」が利用でき、24時間365日お得な法人向け運賃で航空券の予約が可能だ。JR東海の「エクスプレス予約サービス」を使えば、新幹線の予約もPC・スマホから簡単に行える。

その他にも、国内の厳選ホテルでアップグレードや最大1万円分のホテルクレジットなどの限定特典が受けられる「国内クラブホテルズ」や、国内外1300カ所以上の空港ラウンジの無料利用など、旅にゆとりをもたらす特典は多彩。いつでも快適な出張を約束してくれる。

日々の経費管理から出張手配、得意先のもてなしまで。「ダイナースクラブ ビジネスカード」は、個人事業主や経営者のステータスの証となるだけでなく、最小限の投資で効率経営をサポートしてくれるスマートな一枚。これからのビジネスのお供として、ぜひ選んでみてはいかがだろうか。

[ お問い合わせ ]

[ ご入会に関するお問い合わせ ]

新規でダイナースクラブ ビジネスカードの入会をご検討の方は、以下の専用ダイヤルへご連絡ください。

専用ダイヤル:0120-633-469

平日10:00〜19:00(土・日・祝・12/30〜1/3休)

三井住友トラストクラブ 法人営業部

[ お問い合わせ ]

[ ご入会に関するお問い合わせ ]

新規でダイナースクラブ ビジネスカードの入会をご検討の方は、

以下の専用ダイヤルへご連絡ください。

専用ダイヤル:0120-633-469

平日10:00〜19:00(土・日・祝・12/30〜1/3休)

三井住友トラストクラブ 法人営業部