市場環境の変化を素早く捉え、顧客が求めるサービスをタイムリーに展開する。その際にカギを握るのがシステム開発の「内製化」である。一方、アウトソーシングを軸としたIT利活用が一般的である日本企業において、内製化はなかなかハードルが高いものだ。そこでFPTコンサルティングジャパンは、時流に即した新しいITソーシング戦略への転換を提案している。DXを加速するオフショア/自社リソースの活用方法とは。市場環境の変化を素早く捉え、顧客が求めるサービスをタイムリーに展開する。その際にカギを握るのがシステム開発の「内製化」である。一方、アウトソーシングを軸としたIT利活用が一般的である日本企業において、内製化はなかなかハードルが高いものだ。そこでFPTコンサルティングジャパンは、時流に即した新しいITソーシング戦略への転換を提案している。DXを加速するオフショア/自社リソースの活用方法とは。

市場環境の変化を素早く捉え、顧客が求めるサービスをタイムリーに展開する。その際にカギを握るのがシステム開発の「内製化」である。一方、アウトソーシングを軸としたIT利活用が一般的である日本企業において、内製化はなかなかハードルが高いものだ。そこでFPTコンサルティングジャパンは、時流に即した新しいITソーシング戦略への転換を提案している。DXを加速するオフショア/自社リソースの活用方法とは。

人材不足とコスト増が
日本企業のDXを阻害している

“DX実行力”の獲得に向けた
3つの要諦とは

業務の請負だけではなく
ムダな業務の削減も支援