DX推進に向けて不可欠なデータ活用。組織内外に存在する様々なデータの活用を加速することで、これまでにないビジネス価値を生み出せる可能性がある。一方、多くの日本企業にとって、これはそう簡単なことではない。実現を阻む壁となるのが、システムやデータの「サイロ化」だ。既存環境に大きく手を加えず、サイロ化の壁を打破する方法はあるのか。そのための方法論として、インフォマティカは「データマネジメント」を提唱している。DX推進に向けて不可欠なデータ活用。組織内外に存在する様々なデータの活用を加速することで、これまでにないビジネス価値を生み出せる可能性がある。一方、多くの日本企業にとって、これはそう簡単なことではない。実現を阻む壁となるのが、システムやデータの「サイロ化」だ。既存環境に大きく手を加えず、サイロ化の壁を打破する方法はあるのか。そのための方法論として、インフォマティカは「データマネジメント」を提唱している。

DX推進に向けて不可欠なデータ活用。組織内外に存在する様々なデータの活用を加速することで、これまでにないビジネス価値を生み出せる可能性がある。一方、多くの日本企業にとって、これはそう簡単なことではない。実現を阻む壁となるのが、システムやデータの「サイロ化」だ。既存環境に大きく手を加えず、サイロ化の壁を打破する方法はあるのか。そのための方法論として、インフォマティカは「データマネジメント」を提唱している。

アジャイルに開発し軌道修正する
「データ」がそのためのカギを握る

組織内の複数の「サイロ」が
データ活用を阻害している

分散したデータを自動で収集・可視化
活用を促すマーケットプレイスも提供