ビジネスパーソンよ、プレッシャーに負けるな。

「革新こそが歴史。歌舞伎もタグ・ホイヤーのようにありたい」中村獅童×タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション

ビジネスパーソンよ、プレッシャーに負けるな。

「革新こそが歴史。歌舞伎もタグ・ホイヤーのようにありたい」中村獅童×タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション

腕時計好きなら誰もが一度は手にしてみたいと願う垂涎の的、トゥールビヨン。
タグ・ホイヤーは、その最高峰の複雑機構を搭載したモデルを
高品質かつ常識を覆す価格で、世に送り出し続ける。

「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T
トゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション」は、
日本への敬意と攻めの精神を感じさせる特別な1本。

伝統を継承するという大きなプレッシャーと闘いながら未来を見つめて革新を続ける、
俳優・中村獅童さんの熱い魂と共鳴する。

“ファッショナブルでロック”な
タグ・ホイヤーに憧れた

俳優の醸し出す骨太な佇まいに、マットブラックのシックな腕時計がぴたりと呼応する。チラリと遣った凛々しい目線の先、その胸に宿る闘志をそのまま映し出すような赤が、トゥールビヨンのキャリッジで小さく燃えている。その姿はまるで、相思相愛——。

「フェイスが大きめで重そうに見えるけれど、腕へのフィット感があって軽いですね。マットブラックに差し色で赤、というのがとても好み。裏を見るとシースルーのサファイアクリスタルケースの赤が日本のカラーコードを思わせて、主張しすぎないけれど特別感があります」

タグ・ホイヤーは2016年、姿勢差による精度の誤差を調整するための最高峰の複雑機構、トゥールビヨンを高品質で搭載しながら過去に例のない価格を実現。その進化形、「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション」は日本限定のモデルだ。

中村獅童さんがタグ・ホイヤーの存在を初めて知ったのは、1980年代後半、高校生の時。

「同年代の読者の方は共感してくださると思いますが、当時、僕はアメリカのヘビーメタルバンド、ガンズ・アンド・ローゼズに熱狂していました。そのカリスマ的ボーカリスト、アクセル・ローズが着けていたのが、タグ・ホイヤーだったんです。だから僕の中では、タグ・ホイヤーとは高性能だけれどファッショナブルでロックなブランド、というイメージがあります」

これまで人生の節目ごとに、腕時計を手に入れてきた。映画への出演を経て知名度が上がってきた30歳の時、自らへの労いを兼ねて少し高価な時計を買った。そして40歳になった時にも、また1本。

「気軽にパッと買うというよりも、どれもじっくり選んで大切にします。この時計、本当にいいなあ。今年は50歳という大きな節目を迎えるので、その時にはぜひ候補に入れたいですね」

両親への感謝の思いが
自らの道を切り開く原動力

思えば、獅童さんの役者人生は苦難の連続だった。8歳で初舞台を踏んだものの、初代である父は歌舞伎役者を廃業していたため、後ろ盾はない。10代になると役がつかなくなったが、それでも歌舞伎の魅力に抗えなかった。

「19歳の時、やはり歌舞伎役者として生きていこうと覚悟を決めました。でも、ある関係者に『お父さんが廃業しているから、歌舞伎座で主役を取るのは難しいですよ』と言われたんです。『それなら自分で自分の道を切り開こう、絶対に歌舞伎座の主役を務められるような役者になろう』と誓いました」

20代半ばを過ぎ、知名度を上げるため「後がない」という覚悟でつかみ取ったのが、高校卓球界をテーマにした大ヒット映画『ピンポン』のドラゴン役。以来、映画やドラマのみならず歌舞伎の世界でも重要な役が舞い込むようになり、2020年11月、歌舞伎座で初めて、古典歌舞伎の主役の座を射止めた。「そんなことは不可能だ」と言われてから、実に29年がたっていた。

「ここまで頑張ってこられたのは、両親のおかげです。歌舞伎の御曹司なら楽屋の支度はお弟子さんたちがやってくれますが、うちは僕一人。幼い頃、楽屋で使う鏡台やじゅうたんなどは、歌舞伎座の非常階段を母が担いで運んでくれていたんですよ」

「絶対に諦めないで」「あなたならできる」——。両親の言葉の一つ一つが、ずっと心の支えだった。だから自分がいい役者になって、喜ばせたいと強く思った。父も母もすでに亡くなった今でも、その思いは変わらない。

「プレッシャーに打ち勝つために、稽古をする。そして歌舞伎に限らずすべての仕事に全身全霊で挑み、目の前の山を一つ一つ越えて夢や理想に近づいていく。プレッシャーこそ、役者・中村獅童を構築していくためには不可欠なものだと思います」

“かぶき者”として、
死ぬまで反骨精神でいたい

近年は、率先して新たな試みにチャレンジする。例えば16年、千葉の幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議」で、自ら企画を持ち込んだ『超歌舞伎』を上演。バーチャルアイドルの初音ミクと共演し、デジタル映像と実際の舞台とを掛け合わせた斬新な演出で話題を呼んだ。以来毎年上演を重ね、今夏で7年目。うれしいことに、『超歌舞伎』を見た若者の中から伝統的な歌舞伎に興味を持つ人も現れ始めた。

「タグ・ホイヤーって、長い歴史の中で革新を追求し、最先端を走り続けるブランドですよね。歌舞伎も、そうあってほしいと僕自身は思っています。日本の伝統文化ですから、これからも歌舞伎がなくなることはないでしょう。でも外国の人が観光で見に来るだけの珍しいもの、となってしまったらすごく寂しい。

歌舞伎役者はもともと『かぶき者』と呼ばれ、江戸時代には時代の先端を行くファッションリーダーでもありました。歌舞伎はカッコよくて、常に最新のものを取り入れて進化してきた、今を生きる芸能なんだよ、ということをメッセージとして世の中に発信していきたいんです」

この7年間で家庭を持ち、子どもを授かるとともに、2度大病を患った。それによって価値観がガラッと変わり、特にコロナ禍で使命感がいっそう高まったという。50歳といえば、ともすれば守りに入りがちな年齢だ。だが、歌舞伎の未来のため、今後も攻めの姿勢を崩す気は一切ない。

「どんな人でも、人生は一度きり。だから死ぬまで反骨精神でいたいね。『枠に収まってるんじゃない、かぶき者だってこと、忘れるなよ』って自分に言い聞かせながら、これからもプレッシャーを乗り越えて、人生、楽しみたいと思います」

中村 獅童

NAKAMURA SHIDO

1972年生まれ、東京都出身。歌舞伎や映画、ドラマなどで幅広く活躍する。2015年には京都・南座で人気の絵本を舞台化した新作歌舞伎『あらしのよるに』を初演、19年には東京の臨海部にある倉庫と歌舞伎町のライブハウスで「オフシアター歌舞伎」を開催し、話題を呼んだ。16年から毎年上演され、7回目を迎える『超歌舞伎 2022』が、8月4日〜7日に福岡・博多座、8月13日〜16日に名古屋・御園座、8月21日〜9月3日に東京・新橋演舞場、9月8日〜25日に京都・南座で上演される。

中村 獅童

NAKAMURA SHIDO

1972年生まれ、東京都出身。歌舞伎や映画、ドラマなどで幅広く活躍する。2015年には京都・南座で人気の絵本を舞台化した新作歌舞伎『あらしのよるに』を初演、19年には東京の臨海部にある倉庫と歌舞伎町のライブハウスで「オフシアター歌舞伎」を開催し、話題を呼んだ。16年から毎年上演され、7回目を迎える『超歌舞伎 2022』が、8月4日〜7日に福岡・博多座、8月13日〜16日に名古屋・御園座、8月21日〜9月3日に東京・新橋演舞場、9月8日〜25日に京都・南座で上演される。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン クロノグラフ ジャパンリミテッドエディション

TAG HEUER CARRERA

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T
トゥールビヨン クロノグラフ
ジャパンリミテッドエディション

TAG HEUER CARRERA

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T
トゥールビヨン クロノグラフ
ジャパンリミテッドエディション

タグ・ホイヤーがトゥールビヨン搭載の腕時計を高品質かつ常識を覆す価格で発表し、世界を驚かせたのは2016年のこと。本作は日本限定で、ケースバックにはシリアルナンバーが刻印される。マットブラックでまとめられたルックスは、エレガントかつ精悍な雰囲気。ダイヤルの窓から覗くトゥールビヨンのキャリッジとシースルーのケースバックに赤を配し、さりげなく日本を思わせるデザインが心をくすぐる。セラミックケースにグレード2チタンのダイヤルを組み合わせ、着け心地はいたって軽やかだ。

ムーブメント :
キャリバー ホイヤー02T COSC 自動巻き
パワーリザーブ :
約65時間
ケース径 :
45㎜
ケース :
チタン&セラミックPVD製
ベゼル :
カーボングレー固定式タキメーターベゼル
ダイヤル :
ブラックダイヤル
ストラップ :
ブラックアリゲーターストラップ
防水性 :
100m
生産本数 :
日本限定50本
価格:
266万7500円(税込み)
  • 美しい赤のシースルーレッドサファイアクリスタルケースバック越しに、ムーブメントを堪能。

  • ブラックのアリゲーター素材のストラップは肌に馴染み、心地よい装着感。

  • 太い針とスーパールミノバ®加工のインデックスで時刻を読み取りやすい。

COLUMN

常識を覆した
トゥールビヨン搭載の
日本限定モデル

常識を覆したトゥールビヨン搭載の
日本限定モデル

柴田 充(時計ライター)

タグ・ホイヤーは、スポーツクロノグラフのリーディングブランドとして知られる。技術はモータースポーツで培われ、2010年以降本格化した自社ムーブメントもクロノグラフ機構を一体化し、それを継承する。その中でも16年に登場したキャリバー ホイヤー02Tは、多くのファンを騒然とさせた。これがトゥールビヨンを搭載したからだ。

精度への重力の影響を抑えるトゥールビヨンは、複雑時計の代表格だが、精緻な機構はデリケートかつ値も張る。あえてそのフライングトゥールビヨンに、躍動感ある自動巻きクロノグラフを組み合わせ、COSC認定の高精度を付与。さらに最新鋭の工作技術を駆使し、常識を覆すプライスも実現した。

伝統的な時計技術をモダンに進化させ、一部の愛好家だけでなく、その魅力を広く伝える。これもアヴァンギャルドであり続けるブランドならではの挑戦だ。ジャパンリミテッドは、ケースバックが日本のカラーコードを思わせるとともに、レッドのトゥールビヨンキャリッジに時計作りの情熱を秘める。その回転こそ止まることのない革新の証しである。

LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン
タグ・ホイヤー

TEL 03-5635-7054

https://www.tagheuer.com

企画協力:プレコグ・スタヂオ

写真=田川友彦 文=いなもあきこ スタイリング=丸本達彦(UNFORM) ヘアメーク=masato at B.I.G.S.(marr)

ジャケット17万9300円 / サルトリオ、シャツ4万1800円 / サルヴァトーレ ピッコロ(共に、ストラスブルゴ カスタマーセンター tel.0120-383-563)、
パンツ3万8500円 / ピーティー トリノ、ベルト3万9600円 / ジェイアンドエムデヴィッドソン(共に、バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター tel.0120-137-007)