メイホーホールディングス 代表取締役社長 尾松 豪紀

PROFILE

尾松 豪紀[おまつ・ひでとし]
1963年岐阜県生まれ。86年同志社大学卒業。92年メイホーエンジニアリング入社。2001年代表取締役就任。17年メイホーホールディングス設立。代表取締役社長として16社の経営を行う中で、地域を支える中小企業を結び、企業の経営効率化・人材・業務連携をサポートする「地域企業支援プラットフォーム」を通じて「地域のサポーター企業」を育成している。著書に『「地域創生」の法則』(東洋経済新報社)がある。

中小企業の「稼ぐ力」を
結集し、地域の活性化と
地域創生に貢献する

 私たちメイホーグループは、「建設業」「建設関連業」「人材ビジネス」「介護」の4つの事業領域を全国で展開しています。

 そのルーツは、1981年に父が地元・岐阜に創業した土木測量設計会社で、私が入社した当時は、社員8名の小さな下請企業でした。それが2021年6月には東証マザーズと名証セントレックスに上場し、現在では全国16社・約930名の企業グループへと成長できたのは、各地を支える中小企業のM&Aを積極的に進めてきた結果に他なりません。

 当社の目指すM&Aは、グループ入りした企業に「稼ぐ力」をつけてもらい、グループとしての経営基盤を強化し、地域経済の活性化につなげていくというもの。そう考えるようになったのは、私自身が何度も「既得権」の壁にぶつかった経験があるからです。

事業承継M&Aで地域を支援
日本経済の変革を目指す

 父から経営を引き継ぎ、下請企業を脱却した当社は、次に全国展開を狙いました。しかし、各地域には決まった受注業者がいて、それ以外の企業が入る余地はない。そこで、すでにその地域で事業を行っている会社を引き継ぐことで、営業基盤の承継を図ったのです。それが最初のM&Aでした。

 まずは債務超過企業の再生から始め、その成功経験をもとに、さらなるM&Aに着手。そうして件数を重ねるうちに、対象企業の見極めや統合プロセスの手法を確立し、現在では地域の優良企業を軸としたM&Aにより、事業領域とエリアを順調に拡大しています。経営状態がよくても、事業承継に悩む中小企業は多い。そのお手伝いをすることも、当社の使命だと思っています。

 日本経済の壁を打破できるのは、中小企業しかありません。この国をよくしていくためにも、全国の中小企業と連携し、共に成長を目指す「地域企業支援プラットフォーム」を構築、仲間を増やす考えです。

6つの要素を回し、勢いをつけ飛躍を目指すメイホーグループ
回し続けることで持続的な勢いを生み出す「弾み車の法則」に則り、志ある人材の全員参加経営により利益を増大、地域創生へと輪を広げていく。

理念共有と管理会計を徹底し
“稼ぐ”中小企業に育てる

 M&Aした会社が発展しないことには、グループの成長もなく、地域を支えることもできません。ですから、M&A先を選定するにあたっては、経営者が真面目な人であることはもちろん、互いの経営理念やマインドに共感できるかどうかも重視しています。

 “論語と算盤”の経営思想にあるように道義を伴った利益を追求するためには、経営者の考え方と管理会計をしっかり共有していくことも大切です。逆にいうと、それさえできていれば、中小企業は必ず稼げるようになるのです。

 これを実現するために、各グループ企業には、「理念共有」と「管理会計の徹底」を図っています。

 一般に、中小企業は売上や経費の定義があいまいになっていることが多いと思います。そこで、まずは「会計」「勤怠」「決裁」に当社と同じ管理システムを導入して規程を一致させ、月次で正確な損益を把握します。厳正な会計基準を導入することで、初めて経営計画や年次計画を組むことができるのです。経営計画の策定には、「俯瞰逆算」を用います。10年後の目標を設定したうえで、5年後、3年後にはどこまで達成する必要があるかを未来から逆算していく手法です。そうすれば、おのずと年次計画が決まります。

 ただし、それが絵に描いた餅であっては元も子もありません。経営者は目標と現実のギャップを認識し、それを埋める努力をしていく必要があります。その作業こそが、「稼ぐ力」の第一歩となるわけです。

仲間づくりで全国300社構想
地域創生を目指す

 中小企業が地元で安定した経営を継続していくには、ある程度の事業規模が求められます。私が当初、同業である建設関連企業のM&Aを中心に行ったのもそれが理由です。現在ではその領域も建設業、人材ビジネス、介護へと広がりましたが、ここでも同業種のM&Aを重ねることでシナジーを発揮。互いに研鑽し高め合いながら、各社共に大きな成長を遂げています。

 また、グループ一括採用を行うことで優秀な人材獲得にも寄与しています。

 今後はこの4領域以外にも、“仲間づくり”を広げることで、各地の活性化を支える「地域のサポーター企業」を増やしていく考えです。

 グループ企業300社を目標に、全国の中小企業との連携を目指しています。当社と「共に」成長し、地域創生を目指す企業の参加をお待ちしています。

株式会社メイホーホールディングス

株式会社メイホーホールディングス

〒500-8326岐阜県岐阜市吹上町6丁目21番
https://www.meihogroup.com/

記事中の肩書きやデータは公開時点の情報です