日経ビジネス

日経ビジネスLIVE 2022 Summer レビュー日経ビジネスLIVE 2022 Summer レビュー

人的資本投資の今をLIVE発信
人材育成や能力開発に発想の転換を

PwCコンサルティング

ハイブリッドワークの実践を支える
新たなコラボレーションの姿とは

コロナ禍を契機として企業にリモートワークが浸透するなか、オフィスはコラボレーションを促進させる場としての期待が高まっている。いま企業に求められているのは、オフィス(リアル)とリモート(バーチャル)双方の価値を掛け合わせた「ハイブリッドワーク」の実践だ。そこで求められる新たなコラボレーションスタイルの確立が重要だ。
北崎茂氏
PwCコンサルティング合同会社
People Transformation
パートナー
北崎 茂
原邦雄氏
Beatrust株式会社
CEO, 共同創業者
原 邦雄

 コロナ禍を契機にリモートワークが企業に浸透した。PwCコンサルティングが国内企業を対象に実施した調査では、70%の企業と従業員がリモートワークの導入を成功と考えているという。「言い換えれば、30%の企業と従業員は、成功とは言い切れないと答えているわけで、そこでの課題感として最も多いのが“コミュニケーション機会の減少”です」とPwCコンサルティングの北崎 茂氏は言う。

 そうした観点から、オフィスにはこれまでのような作業の場ではなく、コラボレーションを促進させる場としての期待が高まる傾向にある。北崎氏は「リアルとしてのオフィスとバーチャルとしてのリモート双方の価値をあらためて見直し、両者を掛け合わせたハイブリッドワークへと舵を切っていくことが、今後の働き方にかかわる有効な解となります」と強調。PwCコンサルティングは、そうしたハイブリッドワークに関する構想策定から実行・運用までを全般的に支援している。

求めるスキル・経験を備えた
社内の人材を即座に探し出す

 ハイブリッドワークの実践には、新たなコラボレーションのスタイルへの変革が不可欠である。特にコロナ禍前より懸案になっていた、次のような課題や要請に応えるツールを提供しているのがBeatrustだ。

・社内におけるシニア層と若手世代の間の知識・経験の還流

・名刺に記載されている部署名・役職名だけではわからない社員それぞれの得意なスキルや経験の把握

・新卒・中途入社社員の定着、エンゲージメント向上による離職率の低下

 Beatrustの原 邦雄氏は「Beatrustのコンセプトは“タレントコラボレーションプラットフォーム”。人事領域でのタレントマネジメントを目的としたHRTechソリューションとは異なり、個々の従業員自身による活用を想定しています」と語る。Beatrustは、米Googleで役員を務めてきた原氏のグローバル組織におけるオープンかつフラットなカルチャースタイルをヒントに開発されたという。

 Beatrustが提供するツールの機能は大きく2つ。1つは「Beatrust People」で、社員一人ひとりのプロフィールページを作成し、そこに当人のスキルや経験、強みといったものをタグ付けして可視化。求める素養なり経験を備えた社内の人材を検索することで即座に見つけ出せる。もう1つは「Beatrust Ask」と呼ばれる機能。こちらは社内のQ&Aサイトのようなものだ。「サイトに質問を投入すると、その内容をタグに分解し、AIがBeatrustに登録されている従業員のプロフィール情報との間でマッチングを実施。回答可能な専門スキルを持った人材を抽出する仕組みを実現しています」と原氏は説明する。

 なお、BeatrustとPwCコンサルティングは、2022年1月に業務提携を発表。両社の知見を融合し、ハイブリッドワーク時代に求められる新たなコラボレーションの加速にかかわる領域で顧客企業を支援する取り組みを展開。両社の協業に要注目である。

ワークスタイル転換のフレームワーク

ワークスタイル転換に向けて重要なフレームワーク

お問い合わせ

PwCコンサルティング合同会社
People Transformation
TEL : 03-6257-0700(代表)
Beatrust株式会社
代表者 : 原 邦雄(代表取締役 CEO)
所在地 : 東京都千代田区鍛治町 2-7-15 AD 神田駅東口ビル 3F