日経ビジネス

日経ビジネスLIVE 2022 Summer レビュー日経ビジネスLIVE 2022 Summer レビュー

人的資本投資の今をLIVE発信
人材育成や能力開発に発想の転換を

チームスピリット

一人ひとりの働き方を可視化して
幸福度の高い組織をマネジメント

多様な働き方が広がり、従業員はいかに自分らしく働けるかへの関心が高まる一方、経営層はより高い生産性と成果を求めがちだ。一見、相反する問題を解決するのが、一人ひとりの働き方を可視化するクラウドサービス「TeamSpirit」だ。従業員の幸福度を高め、会社の期待にも応える、ウェルビーイング(心身が満たされた状態)を実現する組織マネジメントのポイントが解説された。
株式会社チームスピリット
戦略企画室 コーポレートコミュニケーションチーム
マネージャー兼エバンジェリスト
荻島 将平

 「一人ひとりのウェルビーイングは異なり、各人の状況を正確に把握する必要があります。そのマネジメントに欠かせない情報を自動的に提供するのがTeamSpiritです」と話すのは、チームスピリットの荻島将平氏だ。

 TeamSpiritは、勤怠管理や工数管理、経費精算など、日常業務で使う複数の機能を1つにまとめたクラウド型のベーシック業務DXシステム。その特徴は、幸福度の高い組織づくりのために、従業員の必須作業を徹底的に効率化するとともに、そこへ自動的に集まるデータを活用し、業務のDX化を進められることだ。例えば、TeamSpiritに集められた従業員の勤怠データはダッシュボード機能を用いて可視化され、各人の有給休暇取得義務などの状況を把握、取得を促すなど就業状況のDXが可能だ。このように「従業員の働き方の状況を可視化、分析することで業務のDX化を進めるとともに、ウェルビーイングや人的資本経営につなげられます」と荻島氏は説明する。

ウェルビーイングの取り組みで
従業員のパフォーマンスを向上

 また、従業員が入力した勤怠管理と工数管理のデータを活用し、その人が何時間働き、その作業内訳はどうだったのかなどをリアルタイムに可視化。その可視化されたデータを基に現場のマネージャーと従業員が作業内容を確認しながら建設的に話し合うなど、1on1や日々の対話を通じてウェルビーイングな状態をつくり出し、従業員のパフォーマンスを向上させる例は少なくないという。

 ある企業では、TeamSpiritのレポート機能により、従業員の勤務状況を容易に把握できるようになり、集計作業と時間を大幅に効率化。そして、ダッシュボードで得られた情報を基に、超過勤務などの問題が発生する前に従業員のケアを行うなど、必須業務のDXとウェルビーイングを意識した経営を進めている。「まず、必須業務の効率化を図り、そこから得られるデータを活用することで一人ひとりの働き方が変わります。TeamSpiritを通じ、従業員の幸福度を高め、ウェルビーイングを実現する組織マネジメントを支援します」と荻島氏は言葉に力を込めた。

ベーシック(必須)業務のDXを支援するTeamSpirit

お問い合わせ

株式会社チームスピリット
お問い合わせフォーム : https://www.teamspirit.com/ja-jp/contact/