日経ビジネス電子版 Special
日経ビジネス電子版 Special 日経ビジネス電子版
Next Working Style Day Review
プラスアルファ・コンサルティング

クリエイティブな人事戦略が
企業価値向上のカギ
マーケティング発想の
タレントマネジメント実現法

データの分散が人材活用を妨げる

株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長 鈴村 賢治氏
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
取締役副社長
鈴村 賢治
 様々な分野でデータの活用が活発化している。例えばマーケティング分野では、多くの企業が顧客の購買行動や販売実績などのデータを分析し、ワンツーワンのコミュニケーションを図ったり、効果的な販促活動を展開している。

 一方、データ活用がなかなか進んでいない分野の1つが人事だ。

 「米国証券取引委員会が上場企業に人的資本の情報開示を義務付けたことが示すように、投資家は企業価値を評価する上で人材戦略や人事施策を重視しています。しかし人材情報の分析と活用を高いレベルで行っている日本企業はまだ少ないのが現状です」とプラスアルファ・コンサルティングの鈴村 賢治氏は指摘する。

 では、なぜ人事データの活用は進まないのか。背景には、人事データ管理の手法に問題がある。人事データは目的に合わせて部分的に管理されていることが多く、採用、研修、評価など様々な情報が種類ごとに個別に管理されているため活用しづらいのだ。

 「タレントマネジメントの本質は、人と組織を有機的にマッチングさせて企業のパフォーマンスを高めること。そのためには社員のスキルを定量的に可視化する必要があります。分散している人事データを統合して社員一人ひとりを多様な角度から分析したり、立体的に把握できる状態にしなければなりません」(鈴村氏)

 前述したマーケティング分野では、多様なデータから顧客すら気付いていない潜在的なニーズを掘り起こすといった取り組みが積極的に行われている。このようなマーケティング思考のクリエイティブな人事戦略を描くことこそが企業競争力の向上や持続成長に必要だと鈴村氏は言う。

分析して見えなかった側面を可視化

 この取り組みを支えるのがプラスアルファ・コンサルティングのタレントマネジメントシステム「タレントパレット」である。

 タレントパレットは、社員の所属や役職といった基本情報に加えて勤怠、業務経験、人事評価、さらには研修の受講履歴や面談記録など、あらゆる人事データを集約。それらのデータを組み合わせて分析することで、個別の人事情報だけでは把握できなかった側面を可視化できる。

 「例えば『勤怠』と『評価』のデータを掛け合わせて分析すれば、残業時間が少ないのに成果を上げている生産性の高いハイパフォーマー社員を見つけ出せます。さらに多くのデータを組み合わせて分析すれば、戦略的な人材配置、育成、採用管理などに活用することもできます」と鈴村氏は話す。

 標準搭載の組織サーベイ機能を使えば、アンケートの回答から組織や、個人のコンディションが分析できる。さらに、文章を分析するテキストマイニング機能を活用することにより、社員の声を可視化し、エンゲージメントの向上やより具体的な組織改善にも役立てられる。社員のデータを可視化した次のステップでは、この組織サーベイを用いた組織診断を実施する導入企業も多いという。ほかにも、人事異動の影響度を予測する異動シミュレーションや採用の質を向上させる採用管理機能など、人材の戦略化に役立つ多くの機能が用意されている。

 感覚ではなくデータ分析に基づく科学的な人材活用をすることが、タレントマネジメントのあるべき姿だと考える鈴村氏は「近い将来、それを実践できるかどうかで企業の価値や競争力が左右される時代がやってくる」と強調する。

 タレントパレットを活用し、マーケティング思考を取り入れたクリエイティブな人事戦略を実践。人事業務を変革してみてはどうだろうか。
お問い合わせ