世界規模でのデジタル化が進行する中、業務効率を向上させ、柔軟な働き方を支えるクラウドサービス(SaaS)の導入機運が高まっている。だが既存の仕組みをクラウドサービスへ移行する際には、その内容によってアプローチの仕方が異なる。サテライトオフィスの講演では、オンプレミスのシステムや紙中心の業務、独自開発のツールなどをクラウドサービスへ移行する方法が解説された。世界規模でのデジタル化が進行する中、業務効率を向上させ、柔軟な働き方を支えるクラウドサービス(SaaS)の導入機運が高まっている。だが既存の仕組みをクラウドサービスへ移行する際には、その内容によってアプローチの仕方が異なる。サテライトオフィスの講演では、オンプレミスのシステムや紙中心の業務、独自開発のツールなどをクラウドサービスへ移行する方法が解説された。

世界規模でのデジタル化が進行する中、業務効率を向上させ、柔軟な働き方を支えるクラウドサービス(SaaS)の導入機運が高まっている。だが既存の仕組みをクラウドサービスへ移行する際には、その内容によってアプローチの仕方が異なる。サテライトオフィスの講演では、オンプレミスのシステムや紙中心の業務、独自開発のツールなどをクラウドサービスへ移行する方法が解説された。

クラウドサービスの導入が
ビジネスを加速する切り札に

既存のシステムや紙文化の業務は
独自開発のアドオンツールで対応

各社固有のアプリや業務フローも
クラウドサービスに統合できる