世界が賞賛、“白樺ダイヤル”搭載の新モデルが登場 オーナーズクラブ「GS9 Club」がグランドセイコーを所有する喜びをさらなるものに

世界が賞賛、“白樺ダイヤル”搭載の新モデルが登場 オーナーズクラブ「GS9 Club」がグランドセイコーを所有する喜びをさらなるものに

世界が賞賛、“白樺ダイヤル”搭載の新モデルが登場 オーナーズクラブ「GS9 Club」がグランドセイコーを所有する喜びをさらなるものに

季節の移ろいに育まれた美意識と、
それぞれの道を究めて時の本質に迫ろうとする匠の姿の結晶。

そんなグランドセイコーに加わった新デザインコレクション
「エボリューション9」に世界中が絶賛する“白樺ダイヤル”を
搭載したスプリングドライブモデルが登場する。

さらに、グランドセイコーを所有する喜びは、使うだけでは終わらない。
多彩な内容を誇るオーナーズクラブ「GS9 Club」が、
グランドセイコーと過ごす豊かな時間をより深めてくれる。

Evolution 9 Collection スプリングドライブ 5 Days SLGA009

グランドセイコー

Evolution 9 Collection スプリングドライブ 5 Days

SLGA009

1,045,000円(税込)

製造地、長野県「信州 時の匠工房」の近隣に広がる白樺林をイメージした、美しい型打ちダイヤルを持つスプリングドライブモデル。伝統を継承しつつ、さらにそれを進化させた新デザインコレクション「エボリューション9」の1本だ。革新的な次世代ムーブメント「キャリバー9RA2」を搭載し、薄型化と120時間という超ロングパワーリザーブ、高精度、堅牢性を兼ね備える。スプリングドライブ「キャリバー9RA2」、ステンレススチールケース、ケース幅40㎜×厚さ11.8㎜。

※グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロンおよびグランドセイコーマスターショップのみのお取り扱いです。

圧巻の“白樺ダイヤル”が目を引く
次世代スプリングドライブが誕生

スイス・ジュネーブで毎年開かれる「ジュネーブ時計グランプリ」は、“腕時計界のアカデミー賞”とも称される権威ある催しだ。2001年の創設以来、国際的に活躍するジャーナリストや時計師などの専門家が、その年の新作の中からジャンル別に逸品を選出してきた。

昨秋、中でも最も重要な賞の1つである「メンズウオッチ」部門賞を日本ブランドで初めて獲得したのが、グランドセイコーの次世代メカニカルハイビートモデル「SLGH005」である。革新的かつ高精度な新型ムーブメントに加え、製造地である岩手・平庭高原に自生する白樺林を見事に写し取った、美しい型打ちダイヤルが世界で高く評価されている。

そして今年2月、このメカニカルとともにグランドセイコーのフラッグシップの一翼を担う、スプリングドライブを搭載したモデル「SLGA009」が満を持して登場する。スプリングドライブとは機械式とクオーツの利点を併せ持つセイコー独自の駆動方式のことで、今回搭載する「キャリバー9RA2」は次代を切り拓く最新ムーブメント。高い精度と堅牢性、一度巻き上げれば約5日間動き続けるという超ロングパワーリザーブも頼もしい。

メカニカルでも賞賛を浴びた、精緻な型打ちによる通称“白樺ダイヤル”は凜とした佇まいで圧倒的な存在感を誇る。こちらが表現するのは、スプリングドライブのふるさと、長野県の「信州 時の匠工房」に程近い、白樺林だ。

こうして誕生した「SLGA009」は、グランドセイコーの伝統的なスタイルを受け継ぎつつ、視認性と装着感をアップデートさせて進化した新デザインコレクション「エボリューション 9」を牽引する位置付けに。グランドセイコーの見据える未来が、この1本にはっきりと現れている。

グランドセイコー「GS9 Club」

「GS9 Club」では、会員専用サイトを通じ、注目の新作についてだけでなく、カルチャーやライフスタイルに関するものまで、他では読むことのできない様々な情報をグランドセイコーらしい視点で提供している。小堺一機さん、細野晴臣さん、ヤマザキマリさんなど、豪華連載陣のコラムも掲載中だ。

オーナーズクラブ「GS9 Club」
会員専用サイトは充実の内容

グランドセイコーとの付き合いは、商品を購入して身につけるだけに留まらない。その無限の楽しみは、むしろ手にした時から何倍にも広がっていくと言っていい。その一つが、正規販売店でグランドセイコーを購入したオーナーだけが入会できる会員組織「GS9 Club」だ(詳しい入会資格については下記を参照)。

会員専用サイト(https://www.gs9club.jp/)では、注目の新作情報に加え、グランドセイコーの真髄に通じるカルチャーやライフスタイルなどのコンテンツを用意する。特集では、グランドセイコーの世界観を紐解き、知識欲を刺激する記事を企画。2021年は「その美意識はGSへとつながる 世界が愛する日本の美」をテーマに、風景、陶磁器、食、建築、宿など多彩なジャンルの第一人者が独自の視点で「私の愛する日本の美」を語り尽くした。

小堺一機さん(映画)、鈴木芳雄さん(アート)、中村孝則さん(グルメ)、細野晴臣さん(音楽)、前田陽一郎さん(ファッション)、ヤマザキマリさん(歴史上の人物エッセイ)といった豪華執筆陣による連載は、読み応え十分。様々な分野で世界の最前線で活躍する人々に、自身がこれまで辿った道のりと仕事に対する姿勢、ビジョンなどを聞くインタビュー連載「MASTER OF JAPAN」はビジネスや人生のヒントにもなるはずだ。

会員のみが参加できるファクトリーツアーやイベント、素敵なグランドセイコーオリジナルグッズが当たるプレゼントキャンペーンにも参加できる。「MY PAGE」では愛用モデルを一覧し、メンテナンス履歴やショップ情報などを確認できる。今なら日経ビジネス読者は期間限定で「GS9 Club」の専用サイトを体験できるので、この機会にぜひグランドセイコーから広がる豊かな世界を味わってみてはいかがだろう。

「GS9 Club会員サイト」閲覧お試しキャンペーン

「GS9 Club」CONTENTS

閲覧できるコンテンツの一部をご紹介。

特集ページ

特集ページ

特集記事では、グランドセイコーの世界観を紐解き、知識欲を刺激する独自の内容を展開する。2021年は「その美意識はGSへとつながる 世界が愛する日本の美」をテーマに多彩なジャンルの第一人者が「私が愛する日本の美」を熱弁。総論では武者小路千家第15代家元後嗣 千宗屋さん、結論では時計ジャーナリストの広田雅将さんが語り尽くした。

MASTER OF JAPAN

MASTER OF JAPAN

様々な分野の最前線で活躍する人に、その半生を辿りながら仕事に対する姿勢やビジョンなどを聞くインタビュー連載「MASTER OF JAPAN」。過去の出演者は建築家・隈研吾さん、日本画家・千住博さん、狂言師・野村萬斎さんなどと顔ぶれは多彩だ。

ART of GS

ART of GS

見る人の心を射抜く斬新かつ美しい写真表現で、グランドセイコーの世界をアートに昇華するビジュアル連載「ART of GS」。今年のテーマは「質感」。日本独自の素材や品とグランドセイコーを組み合わせて撮影することで、互いが持つ質感の凄みを浮き立たせる。

EVENT

EVENT

会員限定のファクトリーツアーやイベント、特別なキャンペーンへ随時ご案内。2021年末に開催されたオンラインライブ配信イベント「GS9 Club Night 2021 Online」では、スペシャルゲストに脚本家・三谷幸喜さんと時計ジャーナリスト・篠田哲生さんを迎え、「グランドセイコースタジオ 雫石」の匠たちとのセッションなどで大盛り上がりの一夜に。

MY PAGE

MY PAGE

「MY PAGE」では、愛用のグランドセイコーがずらりと並ぶ。それぞれの時計と過ごした日数や思い出の写真、
メンテナンス履歴、購入店舗情報、取扱説明書を閲覧できるほか、会員限定のイベントやキャンペーン、
オリジナルグッズが当たるプレゼント企画などもチェック可能。

【入会資格】

2022年1月11日以降にグランドセイコー正規販売店でご購入いただいたお客様、または2015年3月以降にグランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン、グランドセイコーマスターショップでご購入されたお客様。

グランドセイコー正規販売店:詳しくはこちら

【入会特典】

「GS9 Club」では、会員専用サイトを通じ、注目の新作についてはもちろん、カルチャーやライフスタイルに関するものまで、他では読むことのできない様々な情報をグランドセイコーらしい視点で提供。また、会員のみが参加できるファクトリーツアーやオンラインイベント、オリジナルグッズが当たるプレゼント企画なども随時開催している。また、愛用の時計をマイページに登録すると、メンテナンスの履歴、購入ショップやイベントなどの情報を得ることができる。

「GS9 Club会員サイト」
閲覧お試しキャンペーン

当サイトをご覧の方々に、2月25日までの期間限定で、
GS9 Club会員専用サイトを試しに閲覧できるキャンペーンを実施中。
下記のIDとPASSWORDから閲覧できる。
特別なこの機会に、ぜひ体験を。


ID: nikkeibp@gs9club.jp コピーしました

PASSWORD: nikkeibp2201 コピーしました

「GS9 Club会員サイト」閲覧お試しキャンペーン

※一部ご覧いただけないページがございます。

お問い合わせ

セイコーウオッチお客様相談室

TEL 0120-302-617

受付時間

月曜日〜金曜日
9:30〜21:00
土曜日・日曜日・祝日・年末年始
9:30〜17:30

写真 = 塚田直寛 文 = いなもあきこ