日経ビジネス電子版 Special
CYBER INITIATIVE TOKYO 2021 / サイバーイニシアチブ東京2021レビュー CYBER INITIATIVE TOKYO 2021 / サイバーイニシアチブ東京2021レビュー

ServiceNow Japan

講演タイトル

テレワーク時代に必須の、セキュリティ運用業務とリスク管理業務の「サポート自動化」とは?

ゼロトラスト+ServiceNowで「自動化」を実現

高山勇喜氏

高山勇喜

ServiceNow Japan

執行役員

ソリューションセールス統括本部

統括本部長

様々な業務をデジタルワークフロー化して効率化し、人間は創造性のある業務を行うべきである―。デジタルワークフローソリューションを数多く提供するのがServiceNowだ。日本法人で執行役員を務める高山勇喜氏は、「昭和、平成の時代は、ダッシュボード等を使って人間が情報を追いかけていた。令和の今、ServiceNowを使えば情報が人を追いかけてくれる。このしくみはセキュリティアラートにも活用できる」と話し、同社におけるワークフローソリューションの考えがセキュリティ対策にも活用できると説く。

コロナ禍以降にランサムウエア攻撃は2倍から3倍へと拡大し、情報がロックされるまでの時間も短くなった。対処までのタイムラグをなくすには「自動化が必須」と高山氏は主張する。「ServiceNowのセキュリティオペレーション機能を活用すれば、脆弱性認知から危機担当者の認知までの期間を大幅に短縮でき、アラート1件当たりの処理速度も高められる」という。ランサムウエアの脅威への対応を自動化し、迅速な対処が可能になる。

またコロナ禍でVPN利用からの移行が進んでいるゼロトラストネットワークでも同様。ServiceNowと連携することで、不正挙動の認知からセキュリティチケットの起票、初期アクションの判定などが自動化できる。その上で、セキュリティ担当者に調査を依頼し、対処方法のチケットが発行されると次回のためのポリシーを自動的に更新する。

さらに、セキュリティ監視中にアラートが出たときに重要度を判断することが難しいというユーザーの声にも対応する。「ServiceNowでは、優先度判断の自動化も実現するなど、ITシステムのセキュリティ運用やリスク運用の負荷を減らすこともできる」と高山氏は、セキュリティオペレーションの自動化がもたらす効果をアピールした。