全国3450社が利用する眼鏡レンズ発注システムの運営を担うB2Bサービス。同社は、長年利用してきたIBM系システムの老朽化問題を解決するため、オープン化を進めた。これによりシステムの保守性を向上し、維持コストも削減。受発注業務のデジタル化を加速する新サービスの提供も実現した。この“脱レガシー”を支えたのが、ソフトロードの「システムリフォーム」だ。成功事例を基にそのメリットを紹介する。全国3450社が利用する眼鏡レンズ発注システムの運営を担うB2Bサービス。同社は、長年利用してきたIBM系システムの老朽化問題を解決するため、オープン化を進めた。これによりシステムの保守性を向上し、維持コストも削減。受発注業務のデジタル化を加速する新サービスの提供も実現した。この“脱レガシー”を支えたのが、ソフトロードの「システムリフォーム」だ。成功事例を基にそのメリットを紹介する。

全国3450社が利用する眼鏡レンズ発注システムの運営を担うB2Bサービス。同社は、長年利用してきたIBM系システムの老朽化問題を解決するため、オープン化を進めた。これによりシステムの保守性を向上し、維持コストも削減。受発注業務のデジタル化を加速する新サービスの提供も実現した。この“脱レガシー”を支えたのが、ソフトロードの「システムリフォーム」だ。成功事例を基にそのメリットを紹介する。

システムが老朽化し処理が遅延
保守人員の確保も困難に

課題解決に加え、業界のDXを
牽引する新サービスの提供も実現

AIが自動でコードを変換・移行
高品質化、大幅な省コスト化を実現