日経ビジネス電子版 Special

ビジネス課題解決に向けたソニーの法人向けブラビア導入最前線ビジネス課題解決に向けたソニーの法人向けブラビア導入最前線

無駄を省き、効率化を図り、生産性を上げて従業員のストレスを軽減する。
こうしたDXがもたらす恩恵を得るための大きな助けとなるツール、それがソニーの法人向けブラビアだ。
では、どんなシーンでどのように活用すれば、法人向けブラビアがビジネス課題解決に役立つのだろう。
ソニーマーケティング株式会社ビジネスソリューション本部長の新井裕氏に聞いた。

ビジネス課題解決に力を発揮する
ディスプレイソリューションの
可能性とは

ブラビアとは4K液晶テレビや4K有機ELテレビとしても高い評価を得ているソニーのテレビブランドだ。ブラビアで長年培ってきた技術を活かし、2016年に販売を開始したのが法人向けブラビアだ。民生用ブラビアの高画質化エンジンを搭載しているため、画質の良さは際立っている。その性能を武器に法人向けディスプレイ市場に打って出た。

「2016年当時は、リモート会議などの働き方改革はまだ浸透していませんでしたが、オフィスでのディスプレイ需要は伸びつつありました。ただ、民生用テレビに比べると法人向けディスプレイは、画質について重視されていない印象でした」と新井氏は当時を振り返る。

ソニーマーケティング株式会社
ビジネスソリューション本部長
新井 裕 氏

4Kの精細感や色彩、コントラストを追求した高画質と、豊富なサイズをラインアップし、3年間の長期保証や出張修理のサポートなどを受けられる法人向けブラビアは、業務用ディスプレイ市場でも好意的に迎えられた。そして、その勢いはコロナ禍で加速する。

「政府の要請もあって、企業はリモートワークを推し進めました。Web会議やテレビ会議が増えたことで、ディスプレイ需要が増加しました。その機能としてまず求められたのは画面の大型化と高精細化。というのも、一つの画面に大勢の参加者の顔や資料を映すことが多いため、大画面で細部までよく見えるということが必要でした。また、全員が画面の正面に座れるわけではないので、視野角の広さも求められました。これらの理由で、高画質と視野角の広さに強みを持つ法人向けブラビアをご採用いただけるケースが急増しました。こうしたニーズは企業の会議用途のみならず、授業を対面とオンラインの両方で進めるハイフレックス授業が急速に普及した教育現場でも同様に求められています。さらに、消費行動の急激な変容に対応しなければならない飲食店やアパレル業界では、デジタルサイネージの需要が一気に高まっています。ここでも、法人向けブラビアの高画質は喜ばれています」(新井氏)

コロナ禍で図らずも促進されたリモートワーク。社員の働く場所が自宅とオフィスのハイブリッドになり、時間を有効活用できるようになった一方、企業としては社員のコミュニケーションの質を下げるわけにはいかない。教育現場においても、生徒たちに対面授業と変わらぬ質の授業をオンラインでも提供するのは学校側の責務だ。消費行動の最前線では、コスト削減と効果的なマーケティングを実現しなければ生き残っていけない。こうした課題に、法人向けブラビアは最適解となりうる。

では、それぞれのシーンでどのように法人向けブラビアを活かしているのか見てみよう。

「ハイブリッドワーク」での
法人向けブラビアの活用とは

「ほぼ100%のリモートワークというフェーズから、最近はハイブリッドワークが増えてきているのではないでしょうか。それは、時間、場所を選ばず働くことができるリモートワークの効率性を実感しつつも、直接会わないと伝わらないことや同じ空間にいるからこそできるちょっとした会話や気づきなど、対面の良さを再認識したのだと思います。そうなると増えてくるのが、ハイブリッド会議やハドルミーティングですよね。法人向けブラビアなら、こうした新しい会議スタイルにも対応できます」(新井氏)

ちょっとしたスペースでパッと集まり
効率的なコミュニケーションを

出席者の予定を調整し、会議室を予約して行う会議は少なくなってきているのではないか。思い立ったときにパッと集まって、さっとノートPCを開いて話し合うハドルミーティングが主流となってきている今、複数のハドルスペースを確保するのが有効だ。独立した広い空間である必要はない。法人向けブラビアなら、明るい場所でも十分クリアに見える明るさがあり、画面の脇に座ったり、立ったまま参加している人も見やすい視野角を確保している。また、HDMIケーブルをPCにつなぐだけでモニター電源がオンになるという機能を搭載しているモデルもあり、ミーティングを始めようとしてから電源を入れたり、リモコンを探したりといった煩わしさがなく、打ち合わせ時間の短縮に一役買っている。

自由にディスプレイを移動して
どこでもミーティングを実現

ディスカッションが盛り上がり、そのまま資料を共有しながら会議したいということもあるだろう。そんな時には、法人向けブラビアがアジャイルな会議をサポートしてくれる。可動式のラックに据えた法人向けブラビアを持ってくれば、そこがミーティングの場になる。セッティングのストレス軽減と、スピーディーな会議進行に大いに役立ってくれる。

目の前にいるかのような臨場感で
コミュニケーションを円滑に

55V型や65V型、最大で100V型など豊富なラインアップを持つ法人向けブラビアは、ハイブリッド会議であっても臨場感抜群。参加者全員がその場にいるかのような気分にさせてくれるのは、大画面ということだけではなく、4K高画質プロセッサーによる高解像度、高精細の映像によるところが大きい。民生用のテレビに搭載されている高音質技術が採用されており、人の声もクリアに聞こえるだけでなく、画面から音が出ているように聞こえるように画面定位を意識されて設計をされている。

コスト削減と
効果的なマーケティングに
法人向けブラビアが貢献

「従来のポスターやPOPからデジタルサイネージへ切り替えることで、経営者はコスト削減と効果的なマーケティングを実現できます。コスト削減はわかりやすいメリットですね。例えば、今までは新商品が出るたびにポスターのデザインを変えて、印刷して、人の手で貼り替えて……、という手順を踏んでいたはず。ただ、元々印刷するデータはデジタルデータで作成されていますよね。デジタルサイネージなら、そのデータをそのまま映し出せる。それだけでもかなりのメリットです。また、デジタルデータならお客様への訴求内容をリアルタイムに変えられます。これは売り場でのマーケティング改革に繋がります。週、曜日、時間帯ごとの訴求はもちろん、その場所ごとの特性や近隣のイベントに即した訴求を行なえるのも魅力です。お客様の反応を見ながら臨機応変に訴求内容を差し替えることができることもデジタルならではの活用方法です」(新井氏)

フレキシブルに
表示内容を変化させる

いつでも簡単に表示内容を変えられるのは、デジタルサイネージの強み。これは、店舗のポテンシャルをさらに引き出すことに繋がるかもしれない。チェーン店の場合、各店舗は本部から送られてきたポスターを一律で貼っていることが多かった。それが、データで運用することが可能なデジタルサイネージなら、その日の店舗の状況やタイムセールなど、購買者に最もアピールできるコンテンツを選ぶことが容易になる。

豊かな表現力で
商品の魅力を伝える

高画質技術を搭載している法人向けブラビアなら、用途や商品に合わせた色味の調整も可能だ。表現するコンテンツによって求められる色味は異なる。リアルな色味がいいのか、少し鮮やかな色演出を加えたいのかもコンテンツによって異なるだろう。ブラビアは、画質調整を細かく設定できるので、ニーズにマッチした色表現を実現できる。

サイネージを活用して
売上アップに繋げる

カメラと連動させて、サイネージの前を通った人の属性に合わせた映像を映し出すソリューションもある。さらに、どのコンテンツを放映した時に最も売上が上がったか、POSと連動させてデータ集計することも可能だ。こうして蓄積したデータを活用すれば、より魅力的な店頭販促を実現でき売上アップに繋げられる。

教育現場やホテルでも
法人向けブラビアを活用

[教育現場]

「全国の小中学校には生徒一人ずつにノートPCやタブレットが配布され、教室でもそれらを使った学習が広がっています。一方、生徒が手元のノートPCやタブレットばかりを見てしまい、教室の一体感の欠如や、先生が生徒の表情を読み取ることができないという弊害も出てきています。
このような場合、教室のどこからでも見やすい大型ディスプレイを授業に使うことで、生徒は手元だけを見るのではなく、顔を上げて授業に参加したり、意見交換やグループ発表による一体感が生まれたりします。この大型ディスプレイに求められるのは、教室内すべての生徒が画面を見られること。そのため、大型で高画質・広視野角の法人向けブラビアがご評価いただいています。さらに、学校内に簡易スタジオを設けて、動画作成・配信を積極的に行っているケースが増えていると聞きます。情報を受けるだけではなく自ら発信する力を付ける教育現場では、スタジオモニターとしての法人向けブラビア以外にも、カメラや音響設備などのソニー製品を活用いただけます」(新井氏)

[ホテル]

「ホテルの客室にも法人向けブラビアは導入されています。最近では、NETFLIXやHuluといった動画配信サービスを、ご自身で契約しているアカウントを利用して、ホテルのテレビでご覧になるお客様が増えています。そうなると問題になってくるのが個人情報の扱い。法人向けブラビアなら、電源を切るたびにIDや閲覧履歴はリセットされるよう設定できるので安心です。また、観光客やワーケーション、中・長期滞在者の周辺地域への回遊を促したいという自治体の声を受け、宿泊者向けの地域情報コンテンツをホテルの客室テレビに表示するという取り組みが始まっています」(新井氏)

ビジネス課題の解決に貢献する
ソニーの法人向けブラビア

「このようにディスプレイを導入することは、多くのビジネス課題の解決に直結する可能性を秘めており、その価値はますます高まっています。法人向けブラビアは、24V型から100V型までとラインアップも豊富ですので、さまざまなニーズにお応えできるはずです。法人向けブラビアは、圧倒的な高画質とビジネスシーンに沿ったソリューション提案で、必ずやみなさまのビジネス課題の解決に力を発揮します」