2025年の崖を越えるため、企業はシステム環境をレガシーからクラウド、そしてコンテナに代表されるFuture ITへ進化させようとしている。だがインフラや使う技術が変わっても、市場に変化を起こす「源」となるのはデータだ。真の意味で崖を乗り越えるには、データを確実に保護し、新たな価値を生み出すためのデータマネジメントが重要になる。Veeam Softwareの講演では、変革に向けたデータマネジメントのポイントを解説した。2025年の崖を越えるため、企業はシステム環境をレガシーからクラウド、そしてコンテナに代表されるFuture ITへ進化させようとしている。だがインフラや使う技術が変わっても、市場に変化を起こす「源」となるのはデータだ。真の意味で崖を乗り越えるには、データを確実に保護し、新たな価値を生み出すためのデータマネジメントが重要になる。Veeam Softwareの講演では、変革に向けたデータマネジメントのポイントを解説した。

2025年の崖を越えるため、企業はシステム環境をレガシーからクラウド、そしてコンテナに代表されるFuture ITへ進化させようとしている。だがインフラや使う技術が変わっても、市場に変化を起こす「源」となるのはデータだ。真の意味で崖を乗り越えるには、データを確実に保護し、新たな価値を生み出すためのデータマネジメントが重要になる。Veeam Softwareの講演では、変革に向けたデータマネジメントのポイントを解説した。

クラウドからコンテナへ
急ピッチで進むインフラ変革

インフラが変わっても
DXで重要なのは「データ」

2025年の崖まであと3年
ポイントは「一気ではなくシームレス」