ImPACTプログラム-「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」キックオフシンポジウム

開催概要

主催国立研究開発法人 科学技術振興機構
日時2016年9月12日(月) 14:00-18:00
場所ベルサール神保町アネックス 1Fホール
参加費無料
定員300名 (定員になり次第、締め切らせていただきます)
申込方法 こちらのサイトより申込をお願いします

ご挨拶

 全世界にはネットワークに接続できるセンサデバイスが約2千億個もありますが、実際に接続されデータが活用されているデバイスはまだごく一部しかありません。しかも数百億のデータを数分単位で処理できる技術基盤に至っては皆無です。本プログラムは、現状のビッグデータの処理を遙かに凌ぐ「超ビッグデータプラットフォーム」を構築して、国や地域の公的医療データや連続計測データを活用した健康寿命延伸と医療費削減に役立てる「ヘルスセキュリティ」の実現や、1000台規模の工場群をつなげて、工場群へのサイバー攻撃を防ぎながら生産性と利益向上を支援する「ファクトリセキュリティ」という社会応用を目的として開発を進めます。

  プログラムがスタートした今、キックオフシンポジウムでは現在のプログラムの計画をご紹介し、皆様から多くのご意見を頂く事で、プログラムへフィードバックしより良いプログラムにしていきたいと考えております。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

ImPACT プログラム・マネージャー 原田博司

プログラム

14:00-14:20開会挨拶・プログラム全体説明
原田 博司
» 詳細はこちら
14:20-15:40プロジェクト紹介
  ①「超ビッグデータ処理エンジン」の開発 喜連川 優
東京大学 生産技術研究所 教授
現状の10万倍と桁違いの処理能力を備え、数百億ものデータを数分以内で処理することを可能にする技術が「超ビッグデータ処理エンジン」である。現状のビッグデータの規模をはるかに凌ぐ「超ビッグデータ」は、社会に多くの非連続なイノベーションをもたらす。だが、既存のデータ処理システムの能力が及ぶ範ちゅうでは、「超ビッグデータ」は、実現不可能だ。実は、すでに約2000億個あるとされるセンサデバイスのうち実際にネットワークに接続されているのは、わずか数%に過ぎない。現行の技術をベースにしたデータ処理システムが、既存のセンサデバイスが出力するデータの処理ですら支えきれなくなるのは時間の問題というのが現状だからだ。「超ビッグデータ処理エンジン」は、この大きな「壁」を突破する非連続イノベーションを実現するコア技術の一つである。
②「超ビッグデータ創出ドライバ」の開発 原田 博司
京都大学 工学部 教授
非連続なイノベーションを可能する「超ビッグデータ」の実現に欠かせないのが、半径数km~数十kmもの広範囲に分散する数万個ものモニター・センサーが出力する膨大な量のデータを瞬時に収集するシステムである。すなわち、それが「超ビッグデータ創出ドライバ」だ。極めて高いパフォーマンスに加え、高度な安全性や信頼性も求められる。様々なアプリケーションに柔軟に対応できるスケーラビリティも必須だ。広く普及させることを前提にすると規格化も前提にしなければならない。このテーマでは、多岐に広がる難題の数々を解決し、「超ビッグデータ」の“神経網”とも言える非連続に進化した情報収集プラットフォームの実現を目指す。
③ヘルスセキュリティ 永井 良三
自治医科大学 学長
先進国を中心に顕在化している「少子」「高齢化」「人口減少」のトレンドは、社会に様々なリスクをもたらしている。これらのリスク低減に向けてヘルスケア、医療、社会福祉など様々な方向から検討が始まっているものの、なかなか出口は見えていない。こうした社会リスクの管理に「超ビッグデータ」を活用する手法の確立するのが、このプロジェクトのテーマだ。超ビッグデータ処理エンジン・ドライバを使うことに数百億のデータが瞬時に、超高速に収集・処理ができるため「超ビッグデータ」に基づくリスク管理技術の創出だけでなく、それをベースにした医療費削減、医療資源配置方策の確立さらに革新的なサービスの実現も目指す。
④ファクトリセキュリティ 早川 孝之
三菱電機 情報技術総合研究所 統轄
工業先進国を中心に、大量生産・大量消費を前提にした従来のものづくりの限界が見えてきた。これを受けて、IoT(Internet of things)の概念に基づく新たな「産業革命」を目指す取り組みが世界各地で始まっている。この動きを阻む大きな問題として浮上しているのが、IoT化とともに激増するサイバー攻撃のリスクだ。このリスクは一つの企業にとどまらず、国の経済にも大きな影響を及ぼしかねない。しかし、ものづくりの現場で収集可能な各機器の制御データは高速で生成されるため、一瞬で数十億以上のビッグデータを高速処理する必要性がある。このテーマでは、新たな局面を迎えた製造業が直面する重大なリスクの低減に、「超ビッグデータ」を活用する技術の確立を目指す。
15:40 - 16:00休憩
16:00 - 17:40 パネル討論 パネリスト:各プロジェクト・リーダー、メディア関係者
  モデレーター:望月洋介 日経BP社 執行役員

パネリスト:各プロジェクト・リーダー、
      小谷卓也 日経BP社 日経デジタルヘルス 編集長
      大石基之 日経BP社 日経エレクトロニクス 編集長
17:40 - 17:50来賓挨拶
久間 和生 総合科学技術・イノベーション会議 議員
17:50 - 18:00閉会挨拶
原田博司
お申し込み
お問い合わせ
  • 国立研究開発法人 科学技術振興機構

    革新的研究開発推進室 原田(博)PM キックオフシンポジウム担当

    E-mail:impact-hhr@jst.go.jp