日経BPメール発信:日経BP社/PR
情報セキュリティ コンプライアンス 社内の研修はeラーニングで効率化しませんか?
健全で効率的な企業運営のためにコンプライアンスが重視され、
社内で研修を実施する企業も増えてきました。
他にも、情報漏えいを未然に防ぐための情報セキュリティ研修や、
多様な働き方を進めるためのダイバーシティー研修もニーズが高まっています。

しかし、いざ社内で情報セキュリティやダイバーシティー研修を行おうとすると、
次のような課題が挙がる企業様が多いようです。あなたの会社はどうですか?
研修の準備に時間がかかる 集合研修が実施できない…
『研修の準備に時間がとられがち』
研修場所の確保や教材の印刷、講師との連絡など準備に時間がかかっていませんか?
『一箇所に受講者を集めるのが難しい』
全国に拠点があり集合研修ができない、というお悩みは多くお聞きします。
研修内容にばらつきがある 受講者の予定が合わせられない…
『講師によって知識に差が出てしまう』
実施場所がかわり講師が変わることで研修内容に差が出てしまっては研修の意味がありません。
『受講者のスケジュール調整が大変』
外出が多い営業マンや、時短勤務、他社に出向中の社員など、勤務時間が異なるとスケジュール調整も一苦労です。
このようにお悩みのご担当者様、eラーニングを利用すれば、
いつでもどこでも高い品質の研修を実施することができます。

「研修にかかる手間を省いて、効率的に研修を実施したい」
「eラーニングで研修を行う場合、料金はいくらかかるんだろう?」


このようにお悩みのご担当者様、ぜひこの機会にお問い合わせください。
eラーニング提供会社に問い合わせる※お問い合わせフォームに遷移します。

販売ツールとしても使えるeラーニング

eラーニングは社内利用だけでなく、社外のパートナーへの研修や
販売ツールとしても利用でき、次のような実感を得られるでしょう。
販売ツールとしてeラーニングを使うメリット
eラーニング製品の比較サイト「BIZトレンド」では、
ランキング形式でeラーニングを紹介しています。
各製品の特徴を比較してあなたの会社に合ったeラーニングを見つけましょう。
eラーニング今週の資料請求ランキング第一位は?
eラーニングの資料請求ランキングを見る
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017  日経BP社  〒108-8646  東京都港区白金1-17-3