日経BPメール発信:日経BP社/PR
勤怠管理システム徹底比較 自社にあったシステム導入で「時間」と「コスト」を大幅に削減!失敗しない勤怠管理システムの選び方&おすすめの製品をご紹介します!
近年導入が進んでいる勤怠管理システム。
労働基準法の改正ワークライフバランスの提唱で、従業員の勤怠管理がさらに重要視されていることもあり、導入検討を進めている企業も多いのではないでしょうか。

しかし、自社に合うシステムを選ばないと
「結局、勤怠状況が管理できていない…」という事態になってしまいます。

では、どのように勤怠管理システムを選べばいいのか?
今回は主なチェックポイントをご紹介します。
これだけは押さえたい 勤怠管理システムの比較ポイント
チェックすべきポイントがわかったら、各社の資料を見比べて比較しましょう。
必要事項を入力するだけで、各社の資料を取り寄せることができます。
厳選された勤怠管理システムにまとめてお問い合わせする※会員登録は不要です。

おすすめの勤怠管理システム4製品を徹底比較!

勤怠管理システムの比較サイト「BIZトレンド」では資料請求数ランキングを発表しています。
初めて勤怠管理システムを導入する方も、今導入している勤怠管理システムに不満がある…という方も、ぜひ参考にしてください。
2位_株式会社ヒューマンテクノロジーズ 第1位株式会社ヒューマンテクノロジーズ
残業基準設定、有休自動付与、複雑な管理にもバッチリ対応!
迷ったらコレ!お客様の声に応え続け不動の信頼を築いた勤怠システム。
3位_アマノビジネスソリューションズ株式会社 第2位アマノビジネスソリューションズ株式会社
無料から使える!簡単に使える!
タブレット端末やPCで、出退勤の打刻、勤怠データの集計
1位_株式会社オービックビジネスコンサルタント 第3位株式会社オービックビジネスコンサルタント
業務時間9割削減!紙やExcelの手作業での勤怠管理がなくなる
だれでもどこでも打刻・申請が可能!収集と入力の手間が不要に!
4位_株式会社Donuts 第4位株式会社Donuts
【60日間無料お試し実施中】勤怠管理・シフト作成を効率化!
導入社数10,000社以上、数名~数千名の規模まで幅広いご利用実績!
ランキング上位4社への資料請求はこちら※会員登録は不要です。
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017  日経BP社  〒108-8646  東京都港区白金1-17-3