日経BPメール発信:日経BP社/PR
“紙”の経費精算は卒業!経費精算システムで業務効率化 経費精算システムで経営者から申請者まで効率UP!!
システム化が進まないものの代表に経費精算があります。

なぜ経費精算がシステム化しないのか?
それは、コストをかけるのに売上を直接上げるものではないため、投資対象から外れることが多いからだと推測されます。

しかし、経費精算システムほど、会社で働く全社員にとって嬉しいシステム化はありません。
それぞれどのようなメリットがあるか、みてみましょう。
経営者_全体の生産性アップ。経費がリアルタイムで把握できる 承認者_規程を確認せずに済み、スピーディに承認ができる
経理担当者_差し戻し工数が減った。登録の二度手間も不要に! 申請者_経費処理の時間が減った。外出のスキマ時間に申請ができるのも嬉しい
このように、目に見える売上ではないところで経費精算システムはメリットがあります。
まだ紙で行っているというあなた、このタイミングでシステム化しませんか?

厳選された経費精算システムにまとめて請求請求する
※資料請求は無料です。

経費精算システム 資料請求ランキング

経費精算システムの比較サイト「BIZトレンド」では、資料請求ランキングを発表しています。

初めて経費精算システムの導入を検討する方も、
経費精算の見直しを検討している方も、ぜひ参考してください。
経費精算システム資料請求ランキング

ランキング上位6社への資料請求はこちら
※お問い合わせフォームに遷移します。

本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12