日経BPメール発信:日経BP社/PR
稟議書、経費精算書…紙の承認申請は卒業!ワークフローシステムで効率化しませんか?
稟議書、経費精算書、有休申請書など、あなたの会社では申請を紙で行っていますか?

まだ紙で申請を行っている会社からは次のようなお悩みをお聞きします。
あなたの会社はどうですか?
人事部 申請内容の不備が多すぎる 経理部 システム入力に二度手間
『申請内容の不備が多く、業務が進まない』
紙で申請をあげている場合、手元に来てからしかチェックができないため、不備が多いとどんどん業務が遅れてしまいがちです。
『紙できた申請を手入力する必要がある』
申請を集計する時間、会計ソフトに申請ひとつひとつ手入力する時間、削減できたらいいなぁと思ったことはありませんか?
申請者 自分の申請の進捗が不明 総務部 過去の申請内容がわからない
『自分の申請が今どこにあるのかわからない』
先週出した稟議、今どこまで通ったんだろう?申請の不透明さは、業務スピードの遅れにつながりかねません。
『申請を遡りたくても、ファイルが多すぎる』
毎日増えていく申請書類。いざ振り返ろうと思った時に振り返れないのは時間も気力も無駄になってしまいます。
ここでおすすめしたいのがワークフローシステムです。

ワークフローシステムを導入すれば、
スピーディーで確実な承認が可能になり、業務効率化につながります。

「紙の申請書類をデジタル化したい」
「申請業務を一元管理したい」


承認申請にかかっているムダな時間、削減しませんか?
ワークフローシステム提供会社に問い合わせる ※会員登録は不要です。

ワークフローシステム導入のメリット

ワークフローシステムを導入したら、
あなたはどのようなメリットを感じられるでしょうか?
具体的な例はこちら。
■ 承認経路の可視化ができ、決裁スピードが上がった!
■ システム連携できるので、二度入力する手間がなくなった!
■ ペーパーレス化でコスト削減と、システム化で外出先からも承認ができる!
承認の証跡を残すことで、コンプライアンスの強化、内部統制への対応にもつながります。

ワークフローシステムを導入して、申請業務のお悩みから解放されませんか?

比較サイト「BIZトレンド」では厳選されたワークフローシステムを
資料請求数に基づくランキング形式で紹介しています。
各製品の特徴を比較して、あなたの会社にあったワークフローシステムを見つけましょう。

ワークフローシステム 今週の資料請求ランキングは?

ランキング上位3社
ワークフローシステム ランキング上位3社に問い合わせる
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12