日経BPメール発信:日経BP社/PR
勤怠管理システム徹底比較 働き方改革は
労働生産性の向上を目的に"働き方改革"が叫ばれています。

経営者、人事ご担当のみなさま、
あなたの会社では、次のような働き方が当たり前になっていませんか?

□ ダラダラ残業する社員が多い

□ 長時間労働が原因で健康問題が起きてしまった

□ 「残業が多い会社」と噂が立ち、採用に悪影響が出ている

こうした状況になってしまうのは、
勤務時間の把握が適切にできていないことが原因です。

勤怠管理システムを導入することで勤務時間の管理を徹底できます。

社員の勤怠状況をしっかりと管理して、
生産性の高い職場に変えていきませんか?
厳選された勤怠管理システムにまとめてお問い合わせする※会員登録は不要です。

失敗しない勤怠管理システムの選び方 5つのポイント

これだけは押さえたい 勤怠管理システムの比較ポイント
チェックすべきポイントがわかったら、各社の資料を見比べて比較しましょう。
必要事項を入力するだけで、各社の資料を取り寄せることができます。
ランキング上位4社
厳選4製品にまとめて問い合わせる※会員登録は不要です。
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12